So-net無料ブログ作成

平成から令和へ、ゆこゆこからねこねこへ [社会]

新しい元号が 令和 に決まりました。
元号に の文字が使われるのは初めてのこともあってか、第一印象は「バランスが悪いな」でした。
もっとも平成の時の第一印象も でしたので慣れの問題でしょうが。

ところで英語表記は REIWA となることを受けて、日本文学者のロバート・キャンベル東大名誉教授が日本人は「R」と「L」の発音を区別できないので、発音の練習をしておく必要があるなどと余計な講釈を垂れていましたが、英語の表記が REIWA であろうと、
発音はあくまでも れいわ なんだよ。
日本語の「れ」の発音は RE よりも LE に近いとも言うしね。
欧米の皆さん、RE でも LE でもない日本語の「れ」の発音を練習しときましょ。

今日、温泉コンシェルジュを自称するおなじみの ゆこゆこ からメールが来て「ゆこゆこは今般ねこ好きの方のために社名をねこねこに変更し・・・」などと怪しげな口上を述べていましたので、てっきり別のサイトへと誘い込む詐欺のメールだと思い直ちに削除したのですが、その事を夕食の時に話しましたところ「お父さん、今日はエープリル・フールだよ」ですと [ちっ(怒った顔)]

数日前から早くもツバメが我が家の玄関先にやって来て、せっせと巣の補修を始めていました。
ここ数日の暖かさで早とちりしたのではと心配しているのですが、例年のように元気なヒナを育てて欲しいと願っております。

4.jpg


新元号が発表された1日、女房が「皇居乾通り通り抜け」に行ってきました。

1.jpg
入城は坂下門から。

4.jpg

3.jpg

2.jpg

坂下門から入って乾門へと抜け、千鳥ヶ淵に寄り道。

5.jpg


新元号が発表された翌日、各新聞の社説や野党の論評が明らかになった。
日本国民が新元号で盛り上がっている時、如何に左巻の連中と言えどもあからさまな批判は出来なかったようで。
まずは浅卑新聞。
「元号予想があちこちで行われ、人々は思い思いに、この日を受け止めたのではないか」と取りあえず評価らしきものをしておきながら、朝日得意のパターンに落ち込み、後段では、
「中国に起源を持つ元号は『皇帝による時の支配』という考えに基づく。国民主権の現憲法の下、国民の間には、西暦との自然な使い分けが定着しているようにみえる」 などと、国民への圧政をにおわせ、西暦への愛着をにじませていた。

次は野党代表、立憲民主党の枝野。「まっとうな政治の実現を目指す」そうだが、その前にまっとうな野党になりなさい。
他党を切り崩して自党の勢力を拡大することしか頭にないようだが、野党第一党代表になっておごり高ぶっているんじゃないか?
どこまで本気か分からないが、国民民主党の主張の方がまだ「まっとう」だよ。しかしながら野党の辛いところで、まっとうな政策を打ち出せば「自民党と同じじゃないか」と反発されて票が逃げてしまう。
だから、蓮舫や辻元のようにヒステリックに叫んで、与党との対決姿勢を際立たせるしか道がないのだろう。

社民党の又市党首「『令』は『命令』の『令』であり、安倍晋三政権の目指す国民への規律や統制の強化がにじみ出ている」 だとさ。令和 が安倍首相の発案によるものでもなかろうに。消え去った?政党であることも、むべなるかな。

付け加えると欧米の反応。
欧米メディアの中からは、新元号の決め方やその意味について「日本の右傾化」や「国粋主義的傾向」を懸念する声も上がっているそうだが、どんな元号だったらお気に召すのか?
それとも元号を持たない国の、単なるやっかみなのか?
 
nice!(17)  コメント(10) 
共通テーマ:日記・雑感