So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

専守防衛は高くつく [政治]

国が秋田県と山口県に配備を計画している地上配備型イージス・システム イージス・アシュア の費用が 2500億円まで 膨らんできたことに対して枝野以下の野党が反発しているそうだが、費用のことに関してはある程度同意できる。
なぜならイージス・アシュアは専守防衛の要ではあるが、あくまでも受け身の対応であるが故に全てのミサイル攻撃を排除できる保障はないのだから。
ただ、米朝会談が行われ、北朝鮮の脅威が減ってきているとの主張には同意できない。最新の報道によると、北朝鮮は核開発とミサイル製造を続けていると言うではないか [パンチ]
e.jpg
また同じく弾道ミサイル迎撃の任務を担うイージス艦は1隻の建造費が約1700億円とも言われている。7隻目となる最新型イージス艦「まや」進水。

1.jpg

では費用を抑えて、なおかつ最も有効な日本防衛装備とは?
言うまでもなく敵基地攻撃能力を持つことである。発射された弾道ミサイルを迎撃する消極的な対応ではなく、日本に対してミサイルを発射すれば強烈な反撃を食らうと恐れさせて最初からミサイル攻撃を躊躇させるのである。
では、巡航ミサイル「トマホーク」のお値段は?定価がある訳ではなかろうが、1発1億円程度らしい。イージス艦にトマホーク発射能力を持たせましょうよ。
「北朝鮮から弾道ミサイルが発射されました。イージス・システムで迎撃しますので、地下街などに避難して下さい」とのJアラートの警報を震えながら聞くのと、最初からミサイル攻撃の脅威を心配しなくて済むのでは 。どちらを選択しますか?

ただ厄介なのは、朝日新聞を筆頭とする左巻マスコミと日本国民の税金で禄を食みながら、北朝鮮や中国のために政治をやっているとしか思えない野党の連中でしょうね。
彼らに聞きたい。「なぜ日本だけが専守防衛を強いられるのか?日本国民は他国に比べて劣っているので、敵基地攻撃能力を持たせたら暴走する」とでも言いたいのか?


ところで普天間基地の移設問題。翁長知事の往生際の悪さには呆れてしまうが、沖縄の米軍基地反対運動を扱ったテレビ番組「ニュース女子」の放送内容で名誉を傷つけられたとして、市民団体の 辛淑玉 なる共同代表が損害賠償を求める訴訟を起こしたそうだが、こいつは何者?北朝鮮の工作員か?
沖縄における反基地運動の実態を見た思いがする。

nice!(19)  コメント(9) 
共通テーマ:日記・雑感