So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

衣替え? [ペット]

涼しいように夏服に着替えさせました。
3.jpg女房が出かけて留守の時は、私に甘えて膝の上で寛ぐのですが・・・
私の散髪も自前ですので、くろ助(ムック)のトリミングも当然ながら自前です。

ツバメのヒナも順調に育っているようです。

52.jpgヒナは何羽なのか?よく分かりませんが、つがいの親鳥がせっせとエサを運んでいます。


トヨタが遂にルマン24時間耐久レースで念願の総合優勝を果たしました。
今年はライバルだった、ポルシェ・アウディが不在だったのですが、388ラップの記録は立派なものでしょう。昨年優勝のポルシェは 367ラップでしたので。


TGR_00221-1280x854.jpg優勝した トヨタ TS050 ハイブリッド(中嶋一貴/セバスチャン・ブエミ/フェルナンド・アロンソ組)
優勝車と同じシステムの市販予定車「GRスーパースポーツコンセプト」は、レース車とほぼ同じ部品で作り、2.4リッター、ツインターボ・エンジンとモーターを組み合わせたハイブリッド・システムで1,000馬力のパワーを発揮するそうな。

1.jpg
しかしながら、何とマツダはロータリー・エンジン最後の年となった約30年近く前の 1991年に総合優勝を果たしているんですよね [exclamation×2]
この時は 362 ラップだったそうですが、レギュレーションが頻繁に変わっているので、単純に比較できないのですが、現マツダ・ユーザーとしては嬉しい限りです。

nice!(23)  コメント(4) 

高齢者講習 [くるま]

遂に来ました、この日が [ふらふら]
しかし、3月30日着のハガキで「4月1日より 5100円に変更」はないでしょう。それまでは 4650円だったのですが。
もっとも講習の予約申し込みをしました所、講習は混雑しているらしくて「空いているのは6月から」と言われてしまったのですが。
案内ハガキには「運転に適した服装で受講して下さい」とありましたが、適してない服装とは何ぞや?
紋付き袴、或いはウエディングドレスか、はたまた下駄履きか?

1.jpg

高齢者講習の話しを経験者?に聞きましたところ、「当日の年月日を聞かれる。カードを何枚か見せられた後それを隠して、どんなカードが有ったか言わせる」との事だったのですが、それはどうやら75歳以上が受けることになっている認知症検査の話しだったらしくて、今回の講習ではしつこい程の視力検査と教習所内を運転させられただけで終わりになったのでした。
3名一組で車に乗って、運転しない二人は後部座席で腕前拝見となるのですが、私と一緒だったお二人は一旦停止の標識で完全に停止せず、そのうちの一人はクランクで脱輪しました。
私は?もちろん完璧にこなしましたが、個人的な評価はしないようでした。

PS:木曜日に発売された週刊新潮に椎名誠氏が受講した高齢者講習についての詳しい内容が掲載されていました。「大して役に立たない」に同感です。
航空身体検査の「精神科診断」と同じで、何か対策を取らないと批判されるので形だけやっているのでしょう。公安委員会と自動車教習所の丸儲け [パンチ]
また新聞の投書欄に「一旦停止はしないなど滅茶苦茶な運転をした高齢者が『俺も満更ではないな』とうそぶいていたのに、指導員は何の注意・指導もしなかった。無意味な講習だ」との指摘があったのを見かけたのですが、これにも同感。


新潟県の米山隆一前知事が女性問題で辞職したことを受け、県知事選の投開票が行われましたが、自民・公明推薦の候補が接戦を制しましたね。
米山前知事を推薦していたのが、共産、社民、自由党でしたが、前知事は当選前から複数の女性と金品をやりとりしながら関係を持っていたとの事ですので、推薦した各党の身体検査がお粗末だったことになります。
野党は閣僚が失言などをする度に、首相の任命責任を追及していますが、推薦責任 なるものはないのだろうか?
醜聞に懲りたのか、今回は女性候補を野党連合として推薦していましたが、彼らが争点としたのが新潟県には何の関係もない「モリ・カケ問題」。この辺りが野党連合(烏合の衆)の限界なのでしょう。
北朝鮮の核・ミサイル問題が正念場を迎えているというのに、国民の生命・財産を守る気概などまるでなし。こんな連中の歳費として我々の税金が使われているのが我慢ならない。
野党がやっていることと言えば、職場放棄と不信任案、委員長解任決議案提出だけ。18日間も審議拒否をしておきながら「審議が十分尽くされていない」はないだろう。


近頃の事件・事故で腹が立つのが、いじめ問題での「教育委員会」と、 幼児虐待での「児童相談所」の対応のお粗末さ。幼くして母親に見放された幼女。まさに地獄だったでしょう。
残されたメモの話などを聞く度に、涙が止まりません。
虐待をくり返していた義理の父を許せないのは当然として、実の母親の非情さに、より腹が立ったのは私だけではないでしょう。
母親としての愛情を捨てて、男の奴隷となって従属する女の道を選んだのだから。


moto GP から驚きのニュースが飛び込んできました。これまで三度のワールドチャンピオンに輝きながらも今シーズンはドカティで苦戦を強いられていた 老練僧 が来シーズンからレプソル・ホンダに移籍することが決まったのだとか。

3.jpg
その結果チームを離れることになった 病泥砂 は引退するのか?他のチームに移籍するのか?
永年レプソル・ホンダで戦ってきただけに、興味ある所です。
確かに病泥砂はファクトリー・ライダーとしては勝負に弱い所がありましたからね。
競り合って勝った所をあまり見たことがない。勝ちパターンとしては独走のみ。それはそれで凄いことなのですが。

nice!(16)  コメント(8)