So-net無料ブログ作成

往生際悪いぞ!玉城知事 [政治]

いよいよ辺野古移設に向けての最終段階である土砂投入が始まりました。
フジ・テレビのニュースでは「青い海に土砂が投入されています」と言っていたが、海は青いに決まっているだろうよ。そう言えば「北京の空は青かった」との意味不明な報道も以前にあったね。
1.jpg

普天間基地の危険性除去と日本の安全保障を考えた場合、辺野古移転しか現実的な方策は存在しないにもかかわらず、玉城知事は「海兵隊が沖縄に居る意味はない」と言う。
ハワイやグァムへの移転を考えているらしいが、距離の問題ではなく、沖縄に米軍(海兵隊)が居ること自体が重要なんだよ。
知事が中国へ行って、尖閣に対して軍事行動は起こさない との確約でも取って来るのであれば別だろうが。

前にも、反対にこり固まった玉城県政になれば、政府は遠慮することなく工事を進めるだろうと書いたが、その通りになったね。
また、沖縄の「ミンイ、ミンイ」とミンミンゼミでもあるまいに。県知事選で示されたのは
396,632 対 316,458 ではなかったか。316,458 の民意は何処へ行った。
浅卑新聞は「「辺野古ノー」の民意がはっきり示された県知事選。と言っているが、常に少数意見を尊重しろとの講釈を垂れている浅卑新聞にしては、とんだダブル・スタンダードではありませんか。
追い詰められた玉城知事は、来年にも民意を問う県民投票を行うと宣言しているが、普天間を抱える宜野湾市、石垣市や与那国では投票に反対を表明し、宮古島市議会では「辺野古基地建設のための埋め立ての賛否のみを問うもので、米軍普天間飛行場の移設による危険性の除去について県民の意思は問われていない」と指摘している。
また投票の選択肢に「反対」「賛成」しかなく、「やむを得ない」「どちらとも言えない」が含まれないのも問題だろうとの事だ。

沖縄県には「公共事業依存」「労働環境」「ITも金融特区も不発」など、問題が山積しているというのに、玉城知事の唯一の政策が反基地・辺野古移設反対ではね。
もしも辺野古移設が阻止できなかった場合は、それ以外の目立った政策もない知事との烙印を押される事になるだろうから、責任を取って辞任して頂きたい。我々日本人(もちろん沖縄県民も含めて)の生命・財産を守るためにも。



東名高速であおり運転を続けた末、4人が死傷する事故を引き起こした男の裁判員裁判で、横浜地裁は危険運転致死傷罪の成立を認めて、懲役18年の判決を言い渡した。
判決では、停車したことを危険運転致死傷罪に問うのは「無理がある」としているが、高速道を時速200キロで走行することが危険運転に当たるのと同じように、時速0キロで走る?のも同等の危険運転行為に当たるのではないかと考えるのだが。
恐らく被告と弁護士は高裁に控訴するのだろうが、今回の裁判員裁判とは違って、専門家だが世情に疎いと思われる高裁裁判官が、どんな逆転判決を下すかに一抹の不安が残る。

nice!(13)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 13

コメント 2

皮算用

高速の最低速度は50km/hなので、理由が無い停車は50km/hの速度違反ですよね。一般道の指定速度が50~60km/hであることは、これ以上の速度差があると止まり切れない事を意味するはずです。
であれば、追い越し車線で停車することは、相当な悪質行為のはずです。
今回の裁判、高速道路での停車が悪質な行為であることを、裁判所が認定しなかったのは、意図が理解できませんでした。
by 皮算用 (2018-12-17 22:23) 

FD

想像するに、一般の裁判員は追い越し車線上で強引に停止させたのは
「危険運転致死傷罪」に当たると主張したと思うのですが、裁判官が
「法律を厳格に適用すれば当たらない」との正論?で押し切ったのでは?
早いとこ「危険運転致死傷罪」の適用範囲を拡げる必要があるでしょうね。

by FD (2018-12-18 14:34) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。