So-net無料ブログ作成

奥飛騨温泉郷 中尾温泉 [旅・温泉]

今回は以前から一度は行ってみたいと思っていました、奥飛騨温泉郷(新穂高温泉)の日本秘湯を守る会の宿に泊まってきました。
しかし、昼食の時間を含めても横浜からは車で5時間、奥飛騨は遠いのです。

blog12.10.5tani.jpg
何の変哲もない宿。家族経営の雰囲気がただよいます。予約の電話を入れた時から少し感じられたのですが、宿の主人の対応も何となくぶっきら棒。

blog12.10.5tani1.jpg


部屋の造りは私好みのモダン和風と言う事で、和室とは別に寝室もあって、その点は申し分なかったのですが、ホーム・ページの写真から想像していたのとはちょっと雰囲気が違っていたのでした。

blog12.10.5taniroom.jpg

気を取り直して、まずは露天風呂へ・・・・・

blog12.10.5bathentrance.jpg
脱衣場への入口は男女別になっているのですが、湯船は一緒になっている混浴風呂。
男湯はないのですが、女性専用の露天風呂もありましたのでご安心を。

blog12.10.5bath3.jpg
脱衣場を出て、混浴 『おかめ・ひょっとこの湯』 へ。左奥には、小さめの 『おりひめ・ひこぼしの湯』 が。

blog12.10.5bath2.jpg
右の車輪の付いた小屋?が男子脱衣場。左が女子。

blog12.10.5bath1.jpg
宿の口上によりますと、「大きな岩が真中にあり、それが目隠しとなって女性も気がねなく入浴できます」 との事。
露天風呂の方には文句はなかったのですが、ここには洗い場がありません。そこで内湯でと言う事になるのですが、脱衣場も狭くて人が三人も入れば体がぶつかりそう。
この宿、期待したほどのことはなかった、これは外してしまったか!と後悔したのですが・・・・・


blog12.10.5tanicolored.jpg
露天風呂からの眺め。すでに紅葉が始まってました。
露天風呂の周りにをモミジの木が取り囲んでいますので、最盛期には見事な紅葉を観ることができるでしょう。
遠方に見えます尖った山は、錫杖(しゃくじょう)岳・烏帽子岩。


blog12.10.5tani2.jpg
ああああああああああああああああああああああ湯上がりには涼み処で寛ぎます。


温泉を満喫した後、待つこと1時間。夕食の時間がやって来ました。
blog12.10.5tanidenner.jpg
食事処はこぢんまりとした個室となっており、私の好みでごさいます。そしてメニューは・・・・・

blog12.10.5tanidenner2.jpg
これが素晴らしかったのです!前回の宿がイマイチで期待外れでしたので、なおさら際立ったのかもしれませんが、和洋取り混ぜたメニューを堪能することが出来ました。

blog12.10.5tani.gif
飛騨牛も味わえて、好感度も一気にアップ。

blog12.10.5taninightview.jpg
部屋からの眺め。右が昼間に入った内風呂と露天風呂。左の建物が貸し切り露天風呂。
中央奥の三つの頂きがある山が、上高地・大正池を作った犯人の焼岳。噴煙もかすかに見えていました。

blog12.10.5bath4.jpg
貸し切り露天風呂にあった洋種ヤマゴボウ。「毒性があって食べられませんから」 と念を押されました。


blog12.10.6tanibreakfast.jpg
翌朝。庭を眺めながら朝食を頂きます。
どの食事処も四人が精一杯。この宿、HPの 『こだわり』 にもありますように、大勢でドヤドヤと行くところではなく、基本的に団体さんお断りの宿。マージャン・カラオケ室、日帰り入浴もありません。
この宿、以前にツーリング仲間で泊まろうと予約を入れようとしたことがあったのですが、「満室です」 と言って断られたことがありました。
『こだわり』 には、男ばかりの4人以上一切お断り とも記されてますので、体よく断られたのかもしれません。
この日の泊まり客は3組7名だけ。もともと、7部屋しかない宿なのですが、夫婦や女性だけの少人数で行けば、満足を得られる宿ではないでしょうか。


帰りの中央高速。
三連休の初日とあって下り線の渋滞が激しいのでは?と思っていたのですが、予想に反してガラガラ。
上り線の車の方が多いくらいだったのですが、ラジオのニュースを聞いて納得。事故のため大月ジャンクション付近で通行止めとなっていたのでした。
途中、談合坂サービス・エリアで小休止をしたのですが、渋滞のシッポがちょうど上り線の談合坂サービス・エリア付近まで延びていました。
時刻は午後1時半頃。サービス・エリアで休んでいますと、パトカーが駐車場内を走り回りながら、「間もなく通行止めが解除されます、トイレなどで来ている方は至急お車にお戻り下さい」 とマイクで叫んでいました。
我慢できなくなった人達が高速道路上を歩いて、サービス・エリアまで来ていたんですね!
下りの談合坂サービス・エリアはもっと東京寄りにありますので、上り線の方へ来ていたのでしょう。

原因は大型トラックの車両火災とのことでしたが、通行止めになったのが10時55分頃らしいので、3時間に及ぶ通行止め。普通の渋滞と違って車は全く動きませんので、行楽へ出掛ける皆さんは大迷惑を被ったことでしょう。

サービス・エリアを出て、東京方面へ向かっていますと、下り線を走っている車はゼロ。その先の上野原インターチェンジでも通行止めが実施されていましたので、当然のことですね。
そして、上野原から先の下り線は車が数珠つなぎになっていて身動きが取れない状態。それが圏央道への八王子ジャンクション付近まで続いていたのでした。極限状態となっているであろう皆さんの苦痛を思うと、申し訳ない気持になってしまうと同時に、こんな災難には遭いたくないとも思ってしまったのでした。

nice!(4)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 4

コメント 6

皮算用

男ばかりの4人以上一切お断り、「一切」という言葉尻はキビシイ言い回しですが
酒を飲み他人さまにご迷惑をかける酒飲みの性、始末に悪いのは
その自覚が薄いことかも・・・私も反省いたします(笑)

ぶっきらぼうな対応・・・地域性によるモノかも知れませんね。
私は関東でサービスを受けると、「高得点の敬語」に対し、自分の方が
気恥ずかしくなってしまいます(汗)

by 皮算用 (2012-10-08 17:47) 

kingair350

こんばんは。我慢できなくなった人達が高速道路上を歩いて、サービス・エリアまで来ていたって??

渋滞で全く渋滞の列が動かないから高速道路上を歩いてSAまで歩いていたのですか?しかし歩くといってもSAまで数キロとかありますよね?

クルマに鍵をかけてドライバーもだったのでしょうか?

それって高速ではかなりの事ですよね・・・


by kingair350 (2012-10-08 23:48) 

FD

〇〇お断りと書いておいてくれれば、客の方にも選択の余地がありますので
いっこうに構わないのですが、何処かの旅館のようにバイクを気嫌いされるのは
我慢なりません。

「ぶっきらぼう」 と取るか、「ぼくとつ」 と取るかは微妙なところですね。


渋滞の最後尾の人はそれほど歩く必要はなかったでしょうが、それ以外の人は
どうしたんでしょう?
いずれにしても、こんな目には遭いたくないと思いました。

by FD (2012-10-09 16:16) 

皮算用

そういえばFDさまは、オートバイに対する逆風でもご苦労されていましたね。

夏も終わり関東はオープンカー日和でしょうか。
北海道のオープン走行には、早くもヒーターが必要です。
(窓を閉めたセダンは、まだクーラーですが)

by 皮算用 (2012-10-09 18:46) 

FD

逆風と言うほどの事はないのですが、バイクを毛嫌いする宿など、
二度と行かなければ済む話です。

今回のドライブも、二日目は薄曇りで時々日が差す程度でしたので、
オープン・エアを楽しむことが出来ました。
ただし奥飛騨の温泉でしたので、ヒーターは必須でしたが。

by FD (2012-10-09 20:51) 

Cialis kaufen

沒有醫生的處方
cialis prices in england http://cialisvonline.com/ Cialis cost
by Cialis kaufen (2018-04-15 04:23) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0