So-net無料ブログ作成
検索選択
自然法則 ブログトップ

天体ショー [自然法則]

いま火星が地球に最接近しているとのことなので、いつものビューポイントに登ってみました。
恐らく多くの天文ファンが来ていると予想していたのですが、頂上には全く人影なし。
これでは「火星は見えますか?」と聞くことも出来ません。そこで、取りあえず南東の空を見上げてみますと・・・
1.jpg何やら明るい星が一つ。火星ならもっと赤っぽいと思うのですが、他にそれらしき星はありませんでしたので、これが火星なのでしょうか?

カメラを下に向けて、ランドマーク・タワーの方を見てみますと、明るいライトが二つ。
2.jpgこれは羽田の Rwy 34 にアプローチする飛行機のランディング・ライトでした。
結構セパレーションがつまっているような気もしますが・・・


ところで、私が一番期待している-見られる可能性が僅かながらある-天体ショーは
オリオン座・ベテルギウスの超新星爆発なのです。もしそれが起こったならば、

1.jpg
ベテルギウスの明るさは満月と同じ程度となり、昼閒でも明るく見えるそうですよ。
それでは、それはいつ起きるのかと言えば「近々」と言うことらしいのですが、宇宙規模の近々は1万年先かもしれないとのこと。
そして、現地時間の今日、超新星爆発が起きたとしても我々人類がそれを目にするのは640年後。地球時間の今日、見るためには、640年前に爆発している必要があるのです [もうやだ~(悲しい顔)]
更に驚くのはベテルギウスの現在の形なのですが、

3.jpg
こんないびつな形をしていて、太陽の位置に置けば、その外径は木星の軌道にまで達するとのことらしい。


舛添が自ら人選した弁護士による調査結果が6日には出るとのことだが、もし「道義的責任はあるものの、法令違反はないので辞任の必要なし」などの、大甘な調査結果が出ようものなら、世論の反発は頂点に達すると思いますよ。都知事殿、このまま逃げ切ろうとしても、あなたの描いた筋書き通りには行かないことを、ゆめゆめお忘れなきよう。

我々はこの宇宙で孤独なのか? [自然法則]

今月25日の朝、録画しておいた番組を見ようとテレビを点けますと、こんな興味をそそられる番組をやっておりました。

夏休みの自由研究 親子で考える“超常現象”の謎

“お化け”、“宇宙人・UFO”、“金縛り”、“虫の知らせ”など、科学では説明がつかない不思議な現象を親子で楽しく学ぶと言うことだったのですが、全ての現象は見間違いや錯覚、思い込みなどであるとする信州大学 教授の説に大いに共感した次第です。
もしもお暇なら、この後に続く私の与太話にお付き合いください。

まずは、よく耳にする「UFOを信じますか?」との質問。私はこれほど馬鹿げた質問はないと思っています。UFOとは未確認飛行物体ですので、正体不明であれば全てUFO。
真夜中にカラスが飛んでもUFO。信じる信じない以前の問題ですよね。

もしUFOが地球外生命体が乗ってきた宇宙船・空飛ぶ円盤だとの意味であるのなら、私は絶対に信じません。
すると、次にはこんな質問が来るでしょう。「人類以外の高度な文明を持った生命体は、この宇宙には存在しないと?」いいえ、私は絶対に存在すると思っています。
この広大な宇宙には、1億個の星(恒星)を持った銀河が1億個はあると言うではありませんか。地球上の砂粒の数より多いという。
いや、知られていないだけで、もっと数が多いのかもしれません。と言うことは恒星を回る惑星の数は天文学的数値(天文学だから当たり前か)になるでしょうね。
人類以外の宇宙人は存在する。ただし、宇宙人が乗ったUFOが地球近くまで来ているなどと言った話は信じることは出来ない。「矛盾している」と仰いますか。いいえ、
人類以外の高度な文明を持った生命体は殆ど無数に存在する。しかし広大な宇宙では、その文明同士が互いに遭遇することなど絶対にあり得ない。たった1万光年の距離に他の文明が存在していたとしても、地球までやってくるのに光の速度でも1万年かかる訳ですから。

SETI(セチ)と呼ばれる、電波によって地球外知的生命体探査を行う世界的プロジェクトがあるそうですが、たとえ電波を捕らえたとしても、その電波は1万年前に発信されたもの。その文明は既に滅んでいる可能性がありますよね。文明にも寿命というモノがあるそうなので。我々が返事を送ったとしても、着いた頃には我々は存在しない。
人類文明の寿命はあとどれ程なのか?千年?二千年?
いずれにせよ、数十億年後には太陽の寿命が尽きて赤色巨星となり地球が呑み込まれてしまうでしょうし、40億年後には我々の天の川銀河とアンドロメダ星雲が衝突をしてしまうそうですよ!

1.jpgアンドロメダ星雲。数十億年後には、肉眼でもこんなに大きく見える?!

次は霊魂というものが存在するのか?私はこれも信じません。理由は簡単。
霊魂が存在するのなら、未解決の殺人事件などあり得ませんよね。遺族に「犯人はアイツだ!」と教えてやれば済む訳ですから。ところがそんな話は聞いたことがありませんし、幽霊が出るのは全く無関係な人の所ばかり。出るところを間違えないでくださいな。


ここまでの話はファンタジーとして済まされるのですが、これから先は日本人の名誉に関わる重要な問題ですので、簡単に済ますことは出来ません。
あの憎むべき淺卑新聞が今月5、6日の紙面で『慰安婦問題の本質 直視を 』などと、言い訳じみた記事を載せておりましたが、その中で一応評価らしいことができるのは。吉田 清治なる人物が済州島で慰安婦狩りをしたという証言を間違いでしたとして、取り消したことでしょうか。
しかしね、取り消しだけでは済まないんだよ!
国連のクマラスワミ報告(1996年)やアメリカ合衆国下院121号決議(2007年)などの事実認定でも、このインチキ野郎の証言が、有力な証拠として用いられているんだよ。
おい浅卑よ、多少の良心があるのなら、国連や合衆国下院に行って、吉田証言を証拠とした事は間違いでしたと、この非難決議を取り消すよう働きかけるのが、せめてもの良心ではないのか?浅卑に良心が残っているのではあればの話ではあるが。

この検証記事が出たあとには、読者からの投書が殺到したはずなのに、その反応を一切載せていないという。とてもじゃないが載せられないか?

自然法則 ブログトップ