So-net無料ブログ作成
検索選択

ホーキング博士の宇宙 [真理]

難病と闘いながら宇宙創世の謎に迫っているスティーヴン・ホーキング博士。
NHKの良心的な番組、『コズミック フロント』 でその研究が紹介されていましたが、宇宙の起源となりますと、必ず関わってくるのが の存在なのです。
神は本当に存在して、 宇宙(この世) を創り上げたのか?
ホーキング博士によれば、それは であり、「宇宙の誕生に神が介在する余地など全くなかった。
宇宙を造るのに神は必要なかった」 となってしまうのです。

blogandromedanebula.jpg
「全ての事象は 自然の法則 によって造りだされている」 と言うのが博士の考えなのです。

16~17世紀頃、時の教皇は自然の法則=異端として、その研究などを激しく弾圧しました。
ところが、その教皇が重力という自然の法則に従って落下してきた天井の下敷きとなって亡くなってしまったのです。カトリック教会はこれをどう説明したのでしょうか?曰く、

「これは神が与えられた試練である」

百歳まで生きる人も居れば、幼くして亡くなってしまう子供も居ます。この不幸に対しても、
「神が与えられた試練である」 と言えるのでしょうか?試練を与えるのなら全ての人間に与えるべき。
「あなたの子供が幼くして死んだのは、神が与えられた試練である」 と言われて、納得できるでしょうか?

番組の最後で博士は、「宇宙を創造し、我々の運命を決める人(神)など居ない。天国などないし、死後の世界もないでしょう」 とも言っておりました。
「死後、神の祝福を受け、天国に行ける」 などと言って、無こな若者を自爆テロに駆り立てる宗教指導者など、正にペテン師であると思いますね。
死後の世界があるとする事に反発を覚えるのは、相対的に現世をおろそかにする事につながるからなのです。
死後の世界がどんな世界なのか?誰も教えてはくれませんが、二度死ぬ事はないでしょうから、
この先何千年、何万年、いや何億年も死に続けなければならないなど、真っ平ごめんですね。

博士曰く、
脳はコンピューターのようなもの。部品が壊れれば動作しなくなる。
壊れたコンピューターには天国も来世もない。
天国は、暗闇を恐れる人間のための架空の世界だよ。

全く同感。死後の世界は の世界。いや、その無さえない世界である事を切に願っています。

ところで、週刊誌のコラムにある元官僚がこんな事を書いておりました。
「私はキリスト教徒なので、本気で死後の復活を信じている。それだから、死ぬこと自体は怖くない」
いつ復活できるのかは定かでないようですが、この世には最初の人生の人達と、復活した人達が混在して生きているのでしょうか?そして、復活した人達はその事を自覚できているのでしょうか?
復活した人達、手を上げてくださ~い。
自覚できてないとすれば、それは別人格であり、復活したとは言えないのでは?



壮大?な話から下世話な話に戻りますが、先日の免許証更新の記事で、「免許証の色がゴールドからブルーに変わったので、任意保険の保険料が上がってしまうのが痛い」 と書いたのですが、更新手続きが終わってみますと、保険料は同額で変わっていませんでした。

nice!(3)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感