So-net無料ブログ作成
検索選択
モータースポーツ ブログトップ
- | 次の20件

富士スピードウェイ F1開催権返上 [モータースポーツ]

金の力にモノを言わせて、鈴鹿からF1開催権を奪い取ったかと思えば、このザマですか?

「大変な費用がかかる割には、宣伝効果など、見返りが少ない」 と言うのが理由らしいけど、見返りだけを求めてF1開催を決めたのだとすれば、とんだ考え違いだろうね。
親会社であるトヨタの巨額赤字も撤退の理由らしいけど、「しょせん三河の商売人か」 と蔑まれても仕方ないだろう。
blogfujispeedway.jpg
マックス・モズレー国際自動車連盟会長は、「自分の都合で勝手に出入りする」 と言っているらしいけど、このスキャンダルまみれの御仁にこき下ろされても、何の反論も出来ないのが、情けない。

これで、F1参戦からも撤退と言う事にでもなったら・・・・・あ~考えたくもない。
コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

さらば、ホンダF1 [モータースポーツ]

しかしブラウンGPのバトンは速いだけでなく、強いですね!終わったドライバーだと思われていのに、
不死鳥のごとく復活。マシン次第で、変われば変わるもんだ。7戦中6勝!!
トルコGPでも、燃料搭載量を減らして車体を軽くし、激しく攻め立てる新進気鋭のヴェッテルを、ミスをする事なく抑えきりましたからね。
bloghondaf1.jpg最近 読んだ本。さらば、ホンダF1

最強軍団はなぜ自壊したのか?

F1ファンが愛した「あのホンダ」 はもはや存在しない・・・

もちろん、著者の推測なども入っているとは思いますが、近年のホンダの不振が理解できました。

去年まで応援してきた私は、いったい何だったんだ!?との思いを強くしましたね。

いつまでも、「あの時のホンダ」 でいられない事は分かるのですが・・・・・

私にとっても、ホンダは特別な自動車会社ではなくなった。ですから、フィットではなくヴィッツを買ったのです。


ブラウンGPのマシンは、今年のレギュラーションに照準を合わせて、数年前から開発してきたマシンとか。あと一年辛抱していれば、オール・ホンダのマシンで鈴鹿初優勝がなったかもしれないのにね~
コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

カワサキmoto GP撤退 [モータースポーツ]

F1のホンダ、ラリー選手権の富士重工、スズキに続いて、遂にmoto GPからも撤退社が出ましたか。
景気が良くなると参戦。悪くなると撤退の繰り返し。いったい何やってんだろね。

よく、「F1はヨーロッパの文化で、日本人はよそ者扱い」 などと、愚痴を並べますが、こんな事をやっていたのでは当然の事でしょう。
彼らには「苦しい時でもF1を支えてきた」 と言う、自負があるでしょうから。苦しくなったからと言って、さっさと逃げ出すようでは、仲間とは思われないでしょう。

「継続は力なり」 と言う格言もあります。三日坊主はいけませんよ。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

やっつけ仕事 [モータースポーツ]

表向きだけを繕う。体裁だけを整えるような仕事の進め方を、やっつけ仕事と言いますよね。
私はこれが大嫌い。
私のバイク改造記を見て頂いていれば、お分かりの事でしょうが。
マジックテープ等で取り付けたりするのではなく、機械的にキッチリとしてないと気が済まないのです。

腹の立つやっつけ仕事の一例。
我が家の洗面所のタオル掛けは、石膏ボードに木ねじで取り付けてあったんです。こんな物、1ヶ月もすればグラグラになってしまいますよ。下請け業者にすれば、それで良いんでしょう。壊れる頃にはその現場に居ませんからね。家を建てた方には分かるでしょうが、こんなやっつけ仕事だらけなのです。

私も素人には絶対真似できない、プロフェッショナルな仕事をしていると自負していますので、本当のプロの仕事を見せられますと、感動してしまいますね。

ホンダF1の話が出ましたが、私のようにやっつけ仕事が大嫌いな先人が居たのです。
私とはスケールが全く違うんですが、故 本田宗一郎氏です。
F1の現場では臨機応変な対応が必要になってきますので、ラジエターホースなどはラジエターに差し込んで針金で縛っておけばよい。との考えが大勢なのですが、宗一郎氏はそれが許せなかった。機械的にきっちりと造ってないと気が済まないので、F1初期の頃には現場の監督との衝突もあったようですね。

私が読んだ本の著者も言ってましたが、当時のロータスやBRMなどのレース屋さんなら、勝つのだけが目的ですので、それでも良いのでしょうが、ホンダのような企業の場合、走る実験室でもあった訳ですから、やっつけ仕事では企業にもたらすメリットも少なくなってしまうでしょうね。

ホンダのF1撤退。標準エンジンの導入等の流れの中で、企業としてのメリットを見いだせなくなってきた事も、大きな理由なのかもしれません。
でも、あえて言えば、負け犬のようにして去るのではなく、王者として去って欲しかった。

私事ですが、練習中に転倒して、鎖骨と肋骨4本を折った時、カミさんに「もうレースは止めるんでしょうね?」 と言われたのですが、「ここで止めたら負け犬になる!」 と言ってレースを続けたおかげで、その後のレースで優勝する事も出来ました。これまた、スケールの小さな話ですが (^^ゞ
コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

Moto GP タイヤ・ワンメイク化 [モータースポーツ]

来年から、Moto GPでの使用タイヤが、ブリヂストンにワンメイク化される事になったようですね。
色々な事情があるのでしょうが、ミシュランとのしのぎを削るタイヤ戦争が見られなくなるのは、ちと寂しい。

今回のマレーシアGP予選、路面がウェットからドライへと変化していく中、ポール・ポジション争いが熾烈でしたね!
ところで、アナウンサーも解説者も、ラップタイムのプラス・マイナス表示に関して、ちょっと誤解している点がありましたよ。

セクター毎にトップタイムをマークしているライダーには赤いマークが付く訳ですが、セクター3まで赤マークだったのに、最終セクターで自己ベストを示す青マークに変わってしまった時、「最終セクターでちょっと失敗したようですね」 とコメントしてましたが、これは大きな勘違い。
常にその時のトップタイムに対するプラス・マイナスを表示していますので、トップタイムが更新された途端、新たなトップタイムに対するプラス・マイナス表示に変わる訳ですから、赤マークが青マークに変わっただけなのです。別に失敗してタイムを落としてしまった訳ではないのよ。

ところで、解説の光ちゃん、しゃべり過ぎ。
それに「善し悪し」 は「よしわるし」 ではありませんよ。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

F1日本グランプリ雑感 [モータースポーツ]

などと偉そうですが、富士スピードウェイで開催された2回目のF1グランプリを観ての感想。

F1が開催されているサーキットとしては最も長い、1475mのメインストレートを持つ富士スピードウェイなのですが、トップチームが遅い車を直線でぶち抜く、そんなシーンが殆ど見られませんでしたね。
その訳は?ラップタイムが伸びない下位のチームの方が意外と直線スピードが伸びていたと言う事のようです。
解説の川井ちゃんが言ってました、「直線スピードを出したくないのに、ダウンフォースが足りないが故に、出てしまっている」 なるほど、そんな訳でしたか。

ハミルトンもマッサも意外と頭が悪い?
この二人、どう見てもワールドチャンピオンとしての資質があるのか?今回のレースを見ていますと、疑問に感じますよね。

中継スタッフがアホ揃い?
今回も当然のごとく、ピットイン戦略が勝負を分けたのですが、アロンソがピットインしてタイヤ交換と燃料補給を素早くすませてピットアウト、ホームストレッチを駆け抜けてくるクビサと、どちらが先に1コーナーに飛び込むか!!緊張の一瞬だったのに、まったく関係ないマッサのピットアウト映像を延々と流している。まったくアホかいな。
他にもあったよね、同じようなピント外れの映像が。

アロンソの強さを実感したレースでしたが、彼は来シーズンどこへ行くのだろう?確か、ルノーとは一年契約だったはず。本当はフェラーリへ行きたいらしいのだが、フェラーリの来年の体制は決定済みらしいので、ルノーに残留する?
どうでしょう、いっそのことTOYOTAへ来れば。契約金を大いにはずんで三顧の礼、車の戦闘力も上がれば、待望の初優勝も期待できるかも。
motoGPのロッシを見てご覧なさい。HONDAからYAMAHAに移籍して、チャンピオンチームに押し上げたじゃない。もっとも、F1の場合、車の性能で90%以上が決まってしまうので、そう簡単には行かないか?

一方のHONDA。情けないを通り過ぎて、痛々しいよね。
親父さんが生きていたら、激怒した事でしょう。F1なんかさっさと止めて、ハイブリッドカーの開発に集中的に予算を投入した方がよいのでは。
コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

F1が面白くない [モータースポーツ]

近ごろのF1は面白くない。スタートして、Mc-Mc-Fe-Fe の序列が決まってしまうと、コース上での逆転はまず不可能。マシントラブルやドライビングミスでもない限り順位の変動はあり得ません。
先頭争いをしているトップチーム同士が、コース上で抜きつ抜かれつのデッドヒートを繰り返す、こんなシーンはついぞ見た事ありませんね。
現代のF1は車の性能で99%勝負が決まってしまう。ドライバーの能力が占める割合は、1%でしょうか?ですから新人のハミルトンでもMcに乗ればワールドチャンピオンの可能性が出てくる。もちろんハミルトンの才能が素晴らしい事は承知の上なのですが。

F1に参加しているHONDAは言ってます、「F1は走る実験室だ」 と。でもね、それも昔話。今のF1技術は高度になりすぎて、一般市販車に還元できる技術は少なくなってきていると言います。ダウンフォースを得るためのウイングがその筆頭でしょうね。F1をつまらなくしている諸悪の根源かも。
このウイングがあるためにコーナリングスピードが上がりすぎ、コース上での追い抜きを不可能にしている。またウイングのおかげで、ブレーキング性能が上がりすぎ、突っ込みでの追い抜きも不可能にしている。
我々二輪のアマチュアライダーが富士のストレートエンド、1コーナーへの進入でブレーキングを開始するのは、おおよそ200m手前なのですが、F1では70m手前とか!これではよっぽどの性能差がない限り抜く事はできません。

ピット作業でしかライバルを抜く事ができないF1を面白くする方法はないのか?
ありますよ、ウイングを禁止にすればよいのです。でも、いくつかの問題が、
現代のF1には空力的付加物が数多く付いています。どこまでをウイングと定義するのか、難しいでしょう。
そこで一つの案。ウイング禁止ではなく、燃料消費量の制限を行う。たとえば今の2/3ぐらいに。
これをやりますと、空気抵抗の大きいウイングを付けていたのでは最後まで走りきる事はおぼつかない。ウイングをなくして、空気抵抗を減らすしか手はないでしょうね。そうすれば自ずからコーナリングスピードが落ちて手に汗を握るバトルが始まるのでは。それに燃費の良いエンジン開発が必要になってきますので、一般車への技術応用が可能になる。環境に優しいエンジン造りの手助けになる訳です。

もう一つの問題。F1は自動車レースの最高峰であるはずなのに、ウイングなしではフォーミュラ・ニッポンにも負けてしまう。これは問題だ!レースレギュレーションを全カテゴリーで見直す必要がありそうですね。

私はF1を見るために、レースシーズン中だけスカイパーフェクトTV、「フジテレビ721」 の契約を行っていました。でも今のF1では、そこまでしてみる価値があるのかと思ってしまう。
それに比べますと、moto GP は面白い。最後まで抜きつ抜かれつのデッドヒートを楽しめますからね。
ウイングがなかった頃のF1が懐かしい。



共通テーマ:日記・雑感
- | 次の20件 モータースポーツ ブログトップ