So-net無料ブログ作成
検索選択
スポーツ ブログトップ
前の20件 | -

沙羅ちゃん 札幌と蔵王で最多勝に並ぶか?! [スポーツ]

今年の高梨沙羅ちゃん、ちょっと大人びた美人になった上に昨年を上回る圧倒的な強さも兼ね備えたようですね。
競技では当然最後に飛ぶ訳ですが、テレビ画面に CG で表示されるトップに立つ目安となる緑のラインを遙かに超えて飛んでいきますからね。
他の選手は優勝ではなくて、2位を目指して飛んでいる。そんな感じでしょう。

1.jpg悪天候なんて関係ない。
今年の第6戦。ドイツのオーベルストドルフでのラージ・ヒルでは、こんな気象条件でも
K点120mを超える129mの大ジャンプで今季5勝目、通算勝利数を49勝と伸ばし、
歴代1位の記録53勝に後4勝と迫りました。
次は日本。札幌と蔵王での4戦ですので、歴代1位に並ぶ可能性は大いにあり得るでしょう。

ところで解説者とアナウンサーのコメントに不満も。
日本では鳥人と呼ばれたニッカネン(フィンランド)の記録46勝を超えた時、「男子と女子ではレベルが違うので比較はできないが」と述べていましたが、それは違うだろう [パンチ]
女子陸上100mで金メダルを取ったトンプソン(ジャマイカ)に、「男子と女子ではレベルが違うのでボルトにはかなわない」とケチを付けるようなものだ。

なお、スキー競技での最多勝利は、
アルペン競技で86勝を上げたスウェーデンのステンマルク。

また、あまりに勝ち過ぎると、「小柄な沙羅ちゃんに不利になるようなルール改正が行われるかも」と心配する声も出ているようですね。
昔は圧倒的に強かった日本男子ジャンプ陣も、その汚い手を使われて低迷するようになりました。
日本人は競技で負けたなら、切磋琢磨してリベンジを果たすと教えられてきましたが、欧米では違っていて、ルールを自分たちに有利なように改正するとなるようですね。
ノルディック複合競技でも日本選手が苦手な距離競技の得点が大きくなるよう改正されました。

もっとも、2000年から 2002年までの三年間でワールド・チャンピオンとなったポーランドのマリシュ選手は 169cm と小柄だったそうなので、ルールのせいばかりとは言えないかも知れませんが。
1998年のルール改正で、
スキー板の長さを「身長+80cm以下」から「身長の146%以下」に。
沙羅ちゃん、身長は152cm だそうなので、232cm の板から 222cm の板に制限されることになります。
その時沙羅ちゃんは未だ二歳でしたが [わーい(嬉しい顔)]


今はこの曲にはまってます。The Greatest Reward.
この曲にも。A New Day Has Come.

何だったでしょうか?昔こんなジョークを聞いたことがあります。
沖縄のある島では、ハブが人を噛み始めると、春が来たことを実感するそうです。
スプリング・ハブ・噛む。Spring Have Come.
文法的には少しおかしいのでしょうが、笑わせてもらいました。

nice!(6)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

沙羅ちゃん、スキー板を替えたの? [スポーツ]

昔レースをやっていた頃にエンジン・オーバーホールなどでお世話になっていたドカティ・マイスター『チーム・ファンデーション』の温泉 忘年会に参加してきました。場所は西伊豆雲見温泉。

車で参加したのですが、新東名「長泉沼津IC」から伊豆縦貫自動車道を通って仁科峠から西伊豆へと抜けました。

2.jpg仁科峠近くの西天城高原牧場の家から見た駿河湾に沈もうとする夕日。雲見はまだまだ遠い、先を急がねば。

宴会参加者は20名近くで女性の参加も。酒を酌み交わしながらレース談義に花が咲きましたが、水冷モンスターで筑波4秒台の女性が居たのには恐れ入りました。
ファンデーション最速は59秒台だそうな。

1.jpg次の日の朝、港に出てみますと朝日を浴びた富士山が綺麗に見えていました。
正面の岩は牛着岩。2つの岩が寄り添うように見えることから夫婦岩とも言われるそうな。

2.jpg雲見を象徴する?標高163m の烏帽子山。元気組は夕方と朝に頂上まで登ったとか。

1.jpgこの奇岩、駒岩とか獅子岩とかの名前が付いていても良さそうですが、調べた範囲では分からずじまい。

2.jpg朝日を浴びて東へ向かう飛行機雲。朝早くからご苦労さん。

1.jpg往路と同じ西天城高原牧場の家から南アルプス方面を望む。

1.jpg仁科峠から見た富士山。前日の予報では伊豆地方は曇り空のはずでしたが、大外れ [わーい(嬉しい顔)]
仁科峠から船原峠への道。中速コーナーが続く、通行量も少ない快適なワインディングです。

1.jpg説明の必要なし?


ところで本題の沙羅ちゃん。
今年のワールドカップ・ジャンプ競技。リレハンメルで行われた第1戦・第2戦では日本の二選手、高梨と伊藤が実力を発揮して見事なワンツー・フィニッシュを遂げたではありませんか!
ただ、その放映を見ていて違和感を覚えたのは、沙羅ちゃんのスキー板が『スラットナー』と言う聞き慣れない銘柄に替わっていたこと。
昨年までは、ワールドカップ・アルペン競技で前人未踏の86勝を上げているステンマルク選手と同じ『エラン』製の板を使用していたので、チャンピオンを取った思い入れのあるはずの板を何ゆえ替えたのかと疑問に思ってしまったのですが、インターネットで調べてみて、その理由が分かりました。
どうやらエランはスキー板製造から撤退したようで、その後を継いで事業を継続したのがスラットナーらしいのです。要するに昨年と大きく変わっていない板を使用していたのですね、これで納得。

2.jpg

これからも圧倒的な強さを発揮して世界選手権、その後の冬季オリンピックでも金メダルを取って欲しいと心から応援している次第なのです。
ところで沙羅ちゃん、なんだか大人びた美人に変身しましたしね。女房は「目の辺りをプチ整形したのでは?」と言っておりますが、どうなんでしょ?


話は変わって、パソコンの話。
ある時 知らないうちに、SYSTEM(Z)と言うドライブがパソコンの中に出来ていたのです。
ドライブの中身を見ようとしても、「アクセスが許可されていません」などと表示されて開くことが出来ませんでした。
仕方なくインターネットで解決法を探してみた所、「再起動したら消えた」との書き込みがありましたので、同じように実行してみました所、確かにパソコンの中から消え去ってくれたのでした。いったい何だったのよ?

nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

6ビート・クロールはワルツのリズムに乗って [スポーツ]

我が家も築数十年。
あちこちに傷みが出てきているのですが、近頃は門柱灯が不安定になってきて、時々点灯しなくなっていました。明るさセンサも壊れていましたので、いちいちスイッチでオン・オフを切り替える手間もありました。

9.jpg
これまでの門柱灯。シンプルなデザインが気に入っていましたので、同じような形で、せっかくならとLEDランプのものを探していたのですが、やっとパナソニック電工から発売になったようでした。
何故パナソニックかと言いますと、これまでの物もパナソニック電工(旧松下電工)製でしたので、同じメーカーにしておけば、取り付けボルト・ナットの間隔が同じだろうと考えたからなのです。メーカーを問わず規格品かもしれませんが。

これまでの門柱灯を取り外すにあたって、一番の心配事は取り付けボルト・ナットがさび付いて固着していないかと言うことでした。さび付いたボルトを無理に緩めようとしますと、ボルトが根元から折れてしまう恐れがありますからね。
そこで、CRCをたっぷりと吹きかけて慎重にナットを回しますと・・・問題なく緩んでくれたのでした。まずは一安心、後の作業は簡単でしょう。

7.jpg
新しい門柱灯もそれなりにシンプルです。ただ、カバー(白い部分)はアクリル製ですので、やや安っぽく見えます。

2.jpg
あああああああああ暗くなりますと自動的に点灯して、こんな感じに。

門柱灯の希望小売価格は26,000円でしたが、amazon 経由で11,431円で購入しました。カスタマー・レビューに、似たような物で業者に見積もりをさせたら5万円と言われたとありましたので、かなりの節約にはなったようです。
しかし、電気工事の資格のない者がやることは違法だったのでしょうか?

1.jpg配線などはただ差し込むだけですので、特別な知識は要らないし、プロがやったいい加減な仕事よりは素人の丁寧な仕事の方がまさっていると考えています。今までの経験からして実際にそうでした。LED電球は5.8W


久しぶりの水泳ネタでしたので、タイトルにクロール云々と付けさせて頂きましたが、記事の内容は脱線気味になってしまい失礼いたしました。で、クロールとワルツの話なのですが、
以前の記事にも書いたことなのですが、私はクロールを2ビートで泳いでいました。
所が、木曜日の女(私が勝手に名付けました)30前でしょうか、木曜日にだけスポーツ・クラブにやって来る彼女と平行して泳いでいますと、除々ではありますが引き離されてしまうのです。女に負けるなんて悔しい [ちっ(怒った顔)]
そこで、よりスピードが出るであろう6ビートに変えようと思っているのですが、上手くキックを打つことが出来ないのです。6ビートキックは、
ダン タッタ、ダン タッタ と三拍子X2で打つのですが、それが5ビートや4ビート、或いは4ビート半などになってしまうのです。う~ん、解決法は?
そこで思いついたのが、三拍子ならワルツのリズムで泳げばよいとの考えでした。
泳ぎながら、ウインナー・ワルツを口ずさむのです。この方法で、
少しずつではありますが、6ビート・キックが打てるようになった気がしております。
負けるな!木曜日の女に [ふらふら]


自民党の二階幹事長が日本の皇位継承に関して、「女性がこれだけ多く各界でご活躍いただいているところで皇室、天皇だけが女性じゃ適当でないというのは、とおらないというふうに思います」
「諸外国でもトップが女性である国もいくつかあるが何の問題も生じていない。日本にもそういうことがあってもいいのではないか」
などとこの売国奴、日本の皇室の2,600年以上にわたる伝統をないがしろにする発言を繰り返していますが、女性の社会進出や、諸外国の制度など何の関係もないことなんだよ。
この二階で思い出すのは、
故中川通産大臣が認可した東シナ海ガス田試掘権を、後を継いだ二階が取り消してしまったため、現状では中国のガス田開発を指をくわえて見ているだけになってしまっており、石油採掘プラット・フォームは軍事拠点化される兆候さえ見せている。
ここまで中国におもねる二階。「中国を訪問した折、ハニー・トラップにはまって中国に弱みを握られているのではないか?」などと勘ぐられても言い訳できないだろうよ。また、
運輸大臣時代には、選挙区でもある和歌山沖の航空路のウェイ・ポイントに『NIKAI 』と命名してもらって悦に入っていたこともあったな。
それ以外にも中国におもねる行状は数知れず。こんな輩が自民党内で力を付けつつあると言うのだから、呆れてしまうよ。世が世なら 天誅だ!

nice!(3)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

夏の高校野球を東京ドームで [スポーツ]

夏の甲子園大会の熱戦が続いていますが、熱中症と見られる症状による選手交代が多くなっているそうですね。

1.jpg
年々暑さが増している日本。『汗と涙と純情』の蔭で、痛ましい健康被害・事故が起きなければよいのですが。あるスポーツ記者も危惧しているそうです。
「スポーツの世界では、無理をしてでも頑張る姿が美しいとされる風潮が根強い。特に高校野球では、真夏の炎天下のなか試合に励むことを余儀なくされ、勝ち進めば投手の連投は避けられない。厳しい環境で必死にプレーする選手の姿を美しいと讃えることには、危うさもあるのではないか」

そこで解決策として考えられるのが、夏の高校野球は炎天下の球場ではなく、屋根付球場での開催とする案なのです。
屋根付き球場は各地にありますが、やはり全国各地からの交通の便を考えれば東京となってしまうのでしょう。東京となれば選択肢は一つ、東京ドームしかありません。

1.jpgただ、読売新聞は猛反対するでしょうね。「大会期間中、ドームを追い出された巨人はロードでの試合を強いられる」と。
しかしですね、阪神に出来て巨人に出来ない訳がない。

高校野球は建前上、教育の一環でもありますので、文部科学省の権限?で、「これを機会に高校野球の現状を大きく変更し、大会の主催を朝日新聞ではなく読売新聞に任せることとする」とのエサを読売に与えるのです。
同時に高野連と朝日新聞の癒着を断ち切る事も出来るではありませんか。

PS.21日の産経新聞に高野連を痛烈に批判するコラムが載っておりました。曰く、
高野連とは 主催新聞社と業者が結託した巨大な興業団体 である。野球部員の不祥事が発覚した時、一財団法人でしかない高野連が教育現場の最高責任者である学校長に処分を言い渡し、校長は平身低頭でそれに従うのは滑稽と言わざるを得ない。
大会期間中の甲子園球場では酒も売っていると言うではありませんか!

ドーム球場で全国大会を行うとしても、地方予選は相変わらず炎天下で行う必要があることが問題となることでしょう。そこでいっそのこと、春の大会と同じように選抜制にして地方予選をやめてしまう方法もあるのでは。
「それでは高校野球の醍醐味が失われてしまう」と仰いますか?醍醐味と球児の健康、どちらが大事でしょう?

慰安問題の誤報で叩かれ、原発の再稼働でもメンツをつぶされた淺卑新聞。
拡販の材料であった高校野球主催返上で最後のノックダウン・パンチを食らわすことが出来るのかと期待したのですが、残念ながらここで目が覚めてしまったのでした。

暑苦しい夏の夜の夢物語だったのでしょうか?



19日に打ち上げ予定の『こうのとり』、国際宇宙ステーションへと物資を運ぶ最後の砦となりそうですね。NASAなどが打ち上げようとした補給船の失敗続きで、水などの物資の不足が深刻になっているとのことなので。
NASAは搭載予定の物資の他、緊急の物資輸送も要請してきたそうで、こうのとりの貨物室のスペース確保に苦労しているとのこと。

1.jpg
ところがね、
日本が国際宇宙ステーション計画への貢献の一環として、補給船の開発をNASAに提案した当初、「そんな危ない物をステーションに近づけるの事はまかりならん!」と拒絶した経緯があったのでした。過去に他人を罵倒しておきながら、手のひらを返したように救援要請するのであれば、これまでの無礼を謝罪したうえで、お願いするのが筋というものだ。
19日の打ち上げ成功を祈るばかりです。日本のメンツだけではなく、宇宙飛行士の安全のためにも。

nice!(14)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

テニス・ウィンブルドン [スポーツ]

ウィンブルドン男子決勝。ジョコビッチ vs. フェデラーの決勝戦を観ましたが、特に第2セットのタイブレークは凄かったですね!
申し訳ないのですが、四大大会初制覇を期待されている錦織選手とはレベルの違いを思いしらされました。錦織はベスト8までは行けたとしても、ベスト4となると今のままではかなり厳しいでしょう、錦織のランキングは5位ですし。
ランキング上位の選手には、いわゆる凡ミス、Unforced Error が殆どありません。
錦織が勝ち上がってくる過程で対戦する下位の選手には、その凡ミスが多くて、助けられた場面を多く見て来ましたので。

錦織が更に上を狙うために通らなければならない試練とは?例えば、サービスの威力を格段に高めるなど一皮も二皮もむけた対策が必要になってくるのではないでしょうか。しかし、どうにもならないのが身長差。トップ選手に比べて、10センチ低い身長は大きなハンディですよね。

roofopen.jpg
ところで今年のウィンブルドン男子決勝が行われたセンター・コート。私が見てきたこれまでとは、芝生の痛み具合に大きな違いがあることに気が付いたのです。
芝のコートと言えば、主流になるのはサーブ・アンド・ボレーのはず。最後の決勝戦ともなれば、ボレーを行うサービス・ライン内側の芝が大きく損傷しているのが普通だったのですが、ベース・ライン付近の芝ははげているにも関わらず、ネット近くの芝は殆ど痛んでいなかったのです。
サーブ・アンド・ボレーを駆使してウィンブルドンで7勝したフェデラーも、今回は勝負所以外ではグラウンド・ストロークに徹していましたからね。何が違ってきたのでしょう、
ラケットなのか?それともテニスの技術革新なのか?
理由を考えてみますと、やはりラケットが進化してボールのスピードが上がり、トップ・スピンの量も多くなったので、ストロークの威力が増し、ボレーでパッシング・ショットを防ぎきれなくなったのか?

テニスと言えば、私も10年間ほど打ち込んでいた時期がありました。しかし、
才能がなかったと言いますか、とにかくハード・ヒットを信条としていましたので、イージー・ミスの山を築いて、ペアを組んだおばさんからは罵倒?され、こんな名言を吐いて言い訳をしたものでした「女は負けたくない、男は勝ちたい」 のだ!
この男女の考え方の違いが、テニスのプレー・スタイルを変えていたと思っています。



集団的自衛権などの安全保障問題。
憲法学者を国会に呼んで意見を聞いているが、研究室にこもって世間を知らない憲法学者に何が分かる。こんな連中に我々国民の将来を決められたくないね。
確かに、憲法を正確に読めば、今回の安全保障法案は憲法違反となるのだろうが、そんな紙切れで日本の将来が決まってしまうのか?何故 「憲法がおかしい、間違っている」との結論に至らないのか?
憲法学者に安全保障について意見を求めると言うことは、航空機の運用に関することを、航空評論家に委ねることと同じなんですよ。
それにしても、法政大学教授だという 山口二郎 とやらは救いがたきアホですな。
これまで日本が戦争に巻き込まれなかったのは、「日米同盟のおかげではなく、憲法9条のおかげ」だと言ってはばかることがないらしい。こんな机上の空論を述べる学者が後を絶たない現実。なら、
戦闘が繰り広げられているイラクやシリアに憲法9条を持って行かれたら如何でしょうか?山口どの。彼の地にも、間違いなく平和がおとずれるだろうと考えますが。




憤慨ついでに。
劇団四季のミュージカル『ライオンキング』が公演1万回になったとはしゃいでいるようだが、これって明らかに手塚治虫の『ジャングル大帝』のパクリだよね [パンチ]
なぜ虫プロは徹底的な法廷闘争を行わなかったのだろうか?これが逆の立場だったらディズニーは容赦しなかったと思うよ。やはり日本人は優しすぎるのか?
そこで私が一番言いたいことは、123便、御巣鷹事故のこと。
米国においては、日本車のブレーキがどうのこうのと、証拠がないに関わらず、イチャモンをつけて高額の賠償を要求しているが、修理ミスをしたボーイングの責任を問わなくていいのか?
ボーイングの責任者が言ったそうな「犯人を見つけてどうしようというのですか?」と。
日本人の命など、賠償するのも値しないとの差別意識が見え見えの発言。
泣き寝入りなどせずに、ボーイングに対して10兆円ほどの損害賠償を請求しようではないか。コーヒーを膝にこぼしただけで、数億円の賠償が認められる国だもの。

nice!(10)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

嗚呼 西鉄ライオンズ [スポーツ]

前回の記事で故郷を懐かしみましたので、同じ望郷ネタを一つ。

あああ近ごろ街中ではこんな野球帽が幅をきかせていますが、嘆かわしや 嘆かわしや [もうやだ~(悲しい顔)]

ny.jpg

ああああああああああああ何で日本でヤンキースなんだよ?!

じゃ、NY でなければ、「何なんだよ」と仰いますか?もちろん NL でしょう。
と言う事で、こんな帽子をオーダーして作ってもらいました。

blog15.5.16lionscap.jpg

昭和31年から33年まで、巨人を相手に日本シリーズを三年連続で制した西鉄ライオンズ。強かったですね~!その強さとハチャメチャぶりから 野武士集団 と呼ばれていました。

1.jpgシーズン中からこんな馬鹿騒ぎをやっていたそうな。自称、紳士軍団だという巨人とは違うんです。

対巨人の日本シリーズで一番印象に残っている試合は、33年の第五試合ですね。
初戦から三連敗した後、一矢を報いて迎えた第五試合は平和台球場。しかし、この試合も苦戦を強いられ、2対3とリードされた9回裏。
先頭の小淵が三塁線を破る二塁打で出塁。ところがこの判定をめぐっては大紛糾したのでした。

1.jpg
三塁を守っていた長島はこの位置でボールを取ろうとしたのだからファールだと主張したのですが、三塁塁審の二出川はそれには取り合わず、小淵の二塁打が認められたのです。
長島君。ゴロの場合はボールがベース上を通過した時の位置が重要なんだよね。
この御仁、ランナーとして一塁にいた時、外野への飛球をヒットと判断して二塁ベースをオーバーラン。捕球されてしまったために慌てて一塁へ戻る際、二塁ベースを経由せずに一直線に一塁へ戻った人ですもの。

f1.gif
ああこれはファール。

f6.gif
ああしかし、これはフェアなのです。

打球の軌跡が一番よく見えていたはずのキャッチャー藤尾は、この抗議には一切加わらなかったと言うじゃありませんか。
この時の巨人の執拗な抗議は、その後の不吉な展開を予感していたのではないかとも言われています。
次打者の三番豊田にはバントのサイン。代走に出ていた滝内は楽々と三塁へと進んだのですが、期待の四番中西は初球を打って平凡なサードゴロでツーアウト、正に万事休すとなったのでした。
このとき私は小学6年生でしたが、教室にテレビを持ち込んで先生・生徒みんなが集まってテレビを食い入るように観ていました。野球の試合を観ていてこの時ほど緊張したことはありませんでしたね。
ところがところが、次打者の関口が起死回生のセンター前ヒット(私の記憶では三遊間ヒットだったのですが・・・)を打ってくれて同点に追いついたのです。こんな緊張の下、よく打てたものだと今でも信じられないくらいです。
そして飛び出したのが延長10回裏、稲尾のホームランだったのです。

4.jpg大友からレフト・ポール際に劇的なサヨナラ・ホームラン。「神様 仏様 稲尾様」

近ごろ NHK BS などで『プロ野球名勝負』なるモノをやっていますが、「この試合を外してなんの名勝負か!」と納得がいかない私なのです。

この年を最後に日本一から遠ざかってしまった西鉄ライオンズ。
その後は西鉄から太平洋クラブ、クラウン・ライターとスポンサーが変わり、最後には西武に身売りされて、本拠地も福岡を離れて所沢へと移ってしまったのでした。

嗚呼 西鉄ライオンズ ♫ かえっせ~ かえっせ~ ライオンズをかえっせ~ ♫

nice!(9)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2ビート・クロールに光明が? [スポーツ]

スポーツ・クラブが休みの日と休日以外(平日会員なので)は殆ど毎日クラブに通って、水泳に励んでいるのですが、先日 TI(Total Immersion)主催の一日ワークショップに参加してきました。
昼食をはさんで、9時から17時までみっちりと鍛えられたのですが、一番役に立ったのが最初と最後に撮影してくれた動画でした。水上からと水中から。

TIでは2ビート・クロールを勧めているのですが、そのお手本となる動画がこれ。

https://www.youtube.com/watch?v=ZRhZq3bvRBA

そして自分の泳ぎの動画を見て、あまりの醜さに愕然としてしまったのでした。

blog14.10.31ti2beet.jpgTIコーチの場合、キックを打った後、つま先がそろったホームポジションへと必ず戻っているのですが、私の脚はてんでんバラバラ、水の中でのたうち回っていたのでした。

1.jpg
格好悪いったらありゃしない [もうやだ~(悲しい顔)] それに下半身が沈みすぎています。体が20度下がると、水の抵抗は6倍になるとか。

しかし、改善すべき点がはっきりとしましたので、とにかくキックの後には両脚をホームポジションへと戻すことを念頭に、より高みを目指したいと考えております。
「お前の泳ぎがどうなろうと、興味はないわい」と、仰りたいでしょうが、個人的なブログでの戯言、ご勘弁ください。
お詫びに、せんえつながら水泳に励まれてる方への私なりのアドバイス。

そのスポーツ・クラブでは毎日、有料や無料のレッスンが開かれているのですが、見ておりますと脚をバタバタさせる6ビート・クロールを教えているのです。
おばさん達は必死にバタバタさせているのですが、無理なような気がしますよ。何故なら
コースを泳いでいる人達で、正しい6ビート・キックを打てている人は皆無なのですから。
殆どが5ビートだったり4ビート半?だったり。
ビート板を使ってバタ足の練習をしている人も居ますが、無駄無駄。
競技会などに出たいのでなければ、2ビートがお勧めです。バタ足の練習もあまり必要としません。膝を緩めて、パ~ンと伸ばせば良いのです。
もっとも、競技会で2ビートが通用しない訳ではありません。アテネ五輪の女子800m自由形で金メダルを取った柴田選手も2ビートでした。

よくダイエットや家の改築などで Befor・After と言うのがありますが、水泳でのBefor・After

https://www.youtube.com/watch?v=_FrSTJLN_CY

ところで、本物の6ビート・クロールがこれです。

https://www.youtube.com/watch?v=ZQG9T9btZY8&list=PL130090B4B51E0A55
ダン タッタ ダン タッタと1拍子目と4拍子目を強く打っています。

PS:「キックの後には両脚をホームポジションへと戻すことを念頭に」 と言ってしまうと簡単そうですが、実際にやってみますと意識するのが難しい。そこで、
「キックした後の脚をピ~ンと伸ばして、次のキックまで絶対に曲げない」ことを意識して泳いでみましたところ、良い感じで泳ぐことが出来ました。次が楽しみ [わーい(嬉しい顔)]

nice!(7)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

小うるさいね甲子園 [スポーツ]

今年の甲子園大会で超スローボールを投げた投手に対して、一部の高校野球ファンが批判を強めているようですが、いったい何が問題なの?野球のルールブックに最低速度の規定でもあるのかいな?

1.jpg

「野球は、頭を使った化かし合いのスポーツ」と言っている監督経験者もいますよ。

出身地の九州国際大付属が負けたのは残念ですが、大舞台でこれだけのことが出来るとは、たいした度胸だとは思いませんか?
文句があるのなら、「甲子園では球速が表示されない時速90キロ以下のスローボールは禁止」としてみればいかが。

一部ファンの高校野球を神聖化した思い入れには、いささかウンザリしてしまう。
例えば、新聞の投書欄に「隠し球は高校生らしくないから禁止にしろ」と言うのがありました。
それでは盗塁はどうなのよ?高校生が盗みを働いていいの?
三塁ランナーがスタートを切り、バントをして走者を迎え入れるスクイズ。高校生がそんな一か八かのことをしていいの?
ケチを付けだしたらキリがない。

また、「試合後に勝ったチームの校歌ではなく、負けたチームの校歌を流し、決勝戦終了後に決勝を戦った両チームの校歌を流せば、甲子園に出場した全てのチームの校歌を聞くことが出来る」などもありましたね。
なんだか、小学校の運動会のかけっこで順位を付けないよう、手をつないで一列になってゴールするというのがありましたが、それに通ずるような甘ちゃんな考えではないか。
いっそのこと、地方予選で敗れ甲子園への出場が叶わなかった、全ての高校の校歌も甲子園で流してやれば。「4千校もあるので、それは無理だ」と仰いますか?一斉に流せばいいんですよ。さぞかし騒々しいことでしょうが。


ところで、近頃こんな案内が頻繁に現れます。

2.gif
これって本当にPCのパフォーマンスを計測して表示している訳ではないですよね?
無料でダウンロードできるようなので、「このソフトを使ってみようかな」とも考えているのですが。

nice!(6)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

甲子園大会 [スポーツ]

汗と涙と純情の暑苦しい高校野球・甲子園大会が始まりました。ところが、
開会式が台風の影響で二日も順延となってしまったため、準決勝前にもうける予定だった休養日がなくなってしまう可能性があるのだとか。

1.jpg

春夏の甲子園大会では、連投を強いられるエース・ピッチャーの負担が問題となっており、日本高校野球連盟は、来年の甲子園大会から「タイブレーク方式」の導入を検討しているとのこと。
投手の健康を考えて、いたずらに延長戦で決着を求めるのではなく、テニスなどに習って、早期に決着させる狙いがあるとか。
サッカーでもダラダラと延長戦を行うことなく、PK戦で決着をつけますよね。

そのことで気になったのが、産経新聞 金曜討論 での、太田幸司氏の発言。太田氏はこの方式について異議を唱え、

「高校野球の基本的な精神にそぐわない。選手が自分のすべてをさらけ出し、ボロボロになるまで死力を尽くして戦うからこそ甲子園大会は愛される」

「人間の体はきつい負荷をかけても、やがてそれができるようになる計り知れない順応性がある。無理さえしなければ怪我はしないという今の考え方は疑問だ」と述べていましたが、

自身が決勝とその再試合で27回を投げ抜いたからといって、同じような苦役を今の球児に与えることを許容するとは、とんでもない考え違いではないのか?精神論など聞きたくない。
高校野球ファンも試合の内容より、ボロボロになるまで戦う球児を本当に見たいと思っているのか?それではサディストだ。また「高校野球の基本的な精神」とはなんぞや?
体力と気力を使い果たしてボロボロになるからこそ甲子園大会が愛されるというのなら、「そんな大会止めちまえ」と言いたくなってくる。
牛丼チェーン店での長時間労働が問題視され、ブラック企業とまで言われていますが、それに倣うならば、甲子園大会はさしずめ ブラック野球大会 であろう。

優秀な高校生ピッチャーが連投によってつぶされることに、米国メジャーリーグの関係者も危惧を覚えていいると聞きます。


話は変わって、神奈川のローカル・テレビ局で『クルマでいこう』と言う番組をやっていますが、番組の司会者である自動車評論家が「私も何度も JAF のお世話になりました」と言っておりました。
JAF をヨイショする企画でしたので、そう言ったのかもしれませんが、それが本当なら自動車評論家としては赤っ恥と言えるでしょうね。
私も大昔は入会していましたが、トラブルは全部自分で解決し、JAF のお世話になったことはありませんでしたよ。

nice!(11)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ツール・ド・三陸応援団長 片山右京さん「人育てるイベントに」 [スポーツ]

とのことで、右京は
東日本大震災の被災地、岩手県陸前高田市など沿岸部で11月2日に開催される自転車イベント、ツール・ド・三陸に応援団長として関わってきた。「沿道で応援してくれる子供やおばあちゃんと目線を合わせながら走ることができる。地域に根付いてきている」。3回目となる今回は昨年より規模を拡大し、1100人の参加者を募っている。
と言っているようだが、富士山遭難をどうとらえているのか?

右京は自転車競技について、
「自転車はチーム競技。エースを勝たせるために、他のメンバーは風よけや、苦しい登り坂での先導役となり、犠牲となる」。見てもらいたいのは、助け合ってゴールを目指す姿だ。

と言っているようだが、それで納得したよ!
冒険家などと言う怪しげな肩書きを名乗るお前さんを助けるために、社員二名が犠牲になったことを。あんたを助けようと風よけになったりしたため、体力を使い果たして力尽きたのだろう。
お前にきれい事を言う資格はない。助け合ってゴールすることが出来なかったではないか。

1.jpg

ああよく笑っていられるよな。

右京よ、お粗末なF1解説など止めにして、自身の至らなさのために死なせてしまった社員のために、仏門にでも入って供養することをお勧めするよ。

今回のドイツ・グランプリ。森脇さんと川合ちゃんの解説でレースの醍醐味を堪能するつもりでおります。
あんたと今宮は必要ない。
ところで、松田次生というレーシングドライバーのゲスト解説、落ち着いた語り口で好感が持てます。あくまでもゲストとの制約が付くでしょうが、右京よりは遙かにましである。

nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

クチャクチャ ぺッ [スポーツ]

いよいよサッカーW杯が始まりましたが、私は子供の頃から野球少年。と言うことで、サッカーにはあまり興味がないのですが、出たからには日本選手にも頑張って欲しい。
それにしても日本のサッカー解説者の皆さん、ヨイショしすぎて大甘予想じゃないのかな。我がサムライ・ブルーの健斗やいかに?

ところで今日の本題は米国大リーグのこと。今年は日本人投手が頑張ってますね!

blog14.6.13mlb.jpg
ああああああああこの他にも岩隈や上原が活躍、松坂も復活しました。

西鉄ライオンズ(その後の太平洋クラブ・クラウンライターも含む)が消えてから日本のプロ野球は殆ど見なくなったのでどっちが勝ってもいい試合ほど面白くないものはありませんからね今はもっぱら大リーグ中継を見ています。ただし、チームを応援するのではなくて、投げている日本人投手を応援しています。

その大リーグ中継を観ていて気になることが一つ。
グラウンドはもちろんのこと、ベンチの中でも ペッペッ とツバを吐きまくっているんですよね。中国人じゃあるまいに。
米国ではツバを吐きまくる文化はないと思うのですが、よく問題になりませんね。
テレビ中継であんなものを見せられたら、「子供の教育上よろしくない!」との声が上がりそうなものを。
そして一番残念なのは、それを真似る日本人選手が出てきていること。それだけは止めてよね。


我が家の庭の花の季節は終わってしまいましたが、最後にその名残を。

blog14.6.13flower.jpg


近頃つくづく思うこと。中国人や韓国人に生まれなくてよかった~

自身の歴史に誇りを持てず、他人を恨み・責任転嫁することにしか生きがいを見いだせない民族。哀れと言うしかありません。

nice!(5)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2ビート・クロール+FQS [スポーツ]

久しぶりに水泳(クロール)についてのウンチクを傾けさせてください。

スポーツ・クラブに入会し、本格的に泳ぎ始めて10年ちょっと。
最初は我流で適当に泳いでいたのですが、半年ぐらい前からでしょうか、より美しくより速く泳ぐことに目覚めてしまったのでした。
そうなりますと生来の凝り性が頭をもたげてきて、インターネットでお手本となる動画を探したり、DVDを取り寄せたりしながら、より美しくより速い泳ぎを目指して日々演練に励んでいるところなのです。
そして、ちょっと大袈裟かもしれませんが、今では水泳が唯一の生きがい、人生の目標のようになってしまったのでした。

考えてみますと、私は10年単位ぐらいで熱中するモノが変わってきているように思われます。最初は
草野球(冬はスキー)、仕事が忙しくなってきて(国際線などで)人を集めるのが難しくなってきますと、少人数でも出来る テニス。 会社のグラウンドが売却されたり、通っていたテニス・クラブが閉鎖になってからは オートバイ・レース。そしてレースで大怪我をして脚を痛め、陸上でのスポーツが難しくなってきてからが、今の 水泳 なのです。
それもクロール専門。最初は4大泳法全部を練習していたのですが、クロール以外の泳法は体の柔らかさが求められます。その点クロールは体が硬くてもそれ程のマイナスにはならないのです。
何しろコーチに最初に言われた事が、「焼き鳥の串になったつもりで泳ぎなさい」 でしたので。

そして目指しているのが、流れるような美しい泳ぎが出来る、2ビート+Front Quadrant Swim

blogswimrearqsfrontqs.gif
これまでの泳ぎは、ストロークのかき始めが早くて、反対側の手が入水した時には、既にストロークの半分が終わっていて、腕が胸の辺りまで来ていたのです。上図左。
一方の FQSでは、反対の手が入水するタイミングでストロークをかき始めるのです。上図右。
もちろん、FQSが絶対に正しいと言う事ではなく、競泳選手などはストロークのピッチを上げることが出来る、Rear Quadrant Swim で泳ぐのが一般的なのだそうです。
ただ、スポーツ・クラブのプールで優雅に泳ぐには、FQS がお勧めなのです。

あああああああああああ目標としている泳ぎ。目標は高く持たないとね。


理論 ① 他の条件が同じなら、長い船ほどスピードが出る。故に、クロールでは身長が高い方が有利。
ああああ身長は伸ばすことが出来ないので、腕を長く前方に伸ばすことによって同じ効果を生む。
ああああとにかく一本の棒になったつもりで泳ぐ。

スポーツ・クラブで他の人の泳ぎを見ていますと、腰の横辺りで水をバシャッとかき上げながら水面から手を出している人が多いのですが、空気をかいても前へは進みません。しっかりと太もも辺りまで水をかいて、ズボンのポケットから手を抜くようなイメージでリカバリーを開始するのが良いとのこと。
当然ながら、肘が先行したハイ・エルボーの形になるのですが、肩胛骨をしっかりと使って腕を前方へ運ぶようにするのがコツなのだそうです。この時、如何に脱力できるかも重要なように感じています。

そして、入水する時には腕が伸びきっていないことも重要。
入水後の伸びしろを残しておく訳です。ですからリカバリーで、腕を伸ばしたまま天高く水車のように回すのは入水後の腕の伸びが期待できません。
そして腕は思い切り深く突っ込む。気持ちとしては水面下30センチまで。その事によって体が水面に対してフラットとなり、腰の位置も高くなって体重を伸ばした腕に乗せやすくなるのです。

理論 ② 体が水面に対して20度下がっていますと(脚が沈んでいる)、水の抵抗は5倍 になるそう
ああああですよ!
ああああ速く泳ぐには、力を入れて泳ぐことよりも、如何に水の抵抗を少なくするかが肝要なのです。

ところでストロークですが、泳法は年々進化していてS字プルは時代遅れ、今はストレート・プルの時代だそうです。

水泳を始めた頃に買った教本には、「推進力はストロークが7割、キックが3割」 と書いてあったのですが、いま現在追求している泳法では、全く違ってくるのです。
目指している泳ぎとは、体幹軸の回転を如何にして推進力に替えるか と言う課題なのですが・・・・・
説明するのが非常に難しい。自分でも、これだ! と言う泳ぎが出来るのは希のまれなのですから

blogswimroll.gif右腕の入水に合わせて左足でキックを打ち、そのキックの反動で腰を左から右にひねるのですが、その回転力を推進力に変換して入水した右腕に伝播させ、如何にして加速につなげて行くかが今の課題なのです。
ですから、この場合のキックは推進力を得ると言うよりも、体幹軸の回転のきっかけ作るためのキックと言う事になりますね。

私は右利きですので、右腕入水・左足キックの時の方が気持ちよく伸びます。そこで、苦手な左腕入水・右足キックの時は適当に泳いで得意な方だけ頑張っていたのですが、これではエンジンが一発不作動となった片肺飛行と同じになってしまいます。そこで今は、
左腕入水・右足キックに意識を集中して泳いでいます。得意な方は考えなくても上手く出来ますからね。

面白い動画があります。
6ビート・RQSと2ビート・FQSの比較。

更に、
12ストロークで泳ぎ切る。


nice!(4)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

逆打ち [スポーツ]

水泳の奥の深さにはまってしまい、試行錯誤を続けているところです。
インターネット動画などでオリンピック選手のフォームを研究し、頭の中では理想の泳ぎが完成しているのですが、問題はそれをいかに具現化するかでしょう。

blogcrawlhagiwara.jpg

そして、一応完成していたと思われるクロールの泳ぎを一から作り直して、今取り組んでいるのが、
手のかきとキックのタイミングの取り方なのです。分かりやすい2ビート・キックで説明しますと、
私の場合、右手が入水して左手がかいている時、右足でキックをしていたのですが、このうち方は逆打ちと言うそうで、前への推進力が出ないばかりか、体が左右にブレて真っ直ぐ進まなくなるとのこと。
写真の元オリンピック選手は、右手が入水している時に左足でキックを打ってします。
どちらでも良いという人も居るようなので、逆打ちが全く駄目という訳でもないのでしょうが、推進力が出ないと言われては、直さない訳にはいかないでしょう。
6ビート・キックの場合、そのタイミングでアクセント・キック(パワー・キック)を打つことになります。

次のような動作を考えてみますと、確かに納得できます。
左右どちらかの足で地面を蹴ってジャンプし、天井に手を付くという動作。左足で蹴ったら右手を伸ばすのが自然ですよね。右足で蹴ったら左手を伸ばす。
左足で蹴って左手を伸ばしたのではぎこちない動作になってしまいます。

これまでも真打ち(勝手にそう呼ぶことにしました)に直そうと、何回か試みてはみたものの、右利きを無理矢理左利きに直すようなものなのか?上手く行かずに数回やっただけで諦めてしまっていたのですが、25メーター20秒切りを目指すためならと、初心者コースを泳ぎながら修正に取り組んでいるところなのです。
クロールでは、入水して伸ばした腕の指先に全体重を乗せていくイメージで泳ぐことが重要だそうですが、やはり真打ちの方がそのイメージに近い泳ぎが出来るように思われます。

何か目標を持っていると毎日が楽しい。目指すは20秒切り! 老人よ大志を抱け

水泳はタイムを縮めるにしても、バイク・レースのような危険性を伴わないところが良いですね。

nice!(5)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ストロークの改良で呆気なく・・・ [スポーツ]

ランニングなどに比べてスイミングの面白いところは、陸上の走法には改善の余地が少ないけれど、水中の泳法には改善の余地が盛りだくさんという所ではないでしょうか。

本当は6ビート・キックを安定して打てるようになってからストロークの改良に取り組むつもりだったのですが、先の短い身?ですので、早速今日から取り組んでみました。
まず、S字プルの重要性ですが、はっきり言って重要視していませんでした。「S字プルは上手く出来ない」 で片付けていたのでした。
特に右腕が下の図のように真っ直ぐ後方へ、しかも深いところをかいていたのです。その方が体が安定するような気がしたからでもあるのですが・・・・・

blogcrawlstraightpull.gif所がインターネットで色々と調べてみますと、このかき方ですと、「前半の1/3は水を下へ押しつけるだけで、後半の1/3は水を上方へかき上げるだけで、推進力になっていない」 と言うんですね。
ごもっともです [ひらめき] 確かに推進力となるのは、真ん中の1/3だけですね。

そこで、しっかりとしたS字プルを行うためにはどうしたらよいか・・・・・?考えました。
ここは教本通りに、腕をねじって手の平を外側へ向け、親指側から入水するようにすれば、かき始めが外側へと向かい、自ずとS字プルにならざるを得ないだろうと。
そのままストレートにプルしたら、水をキャッチしないまま、逆 空手チョップのようになって水をかくことが出来ませんからね。

そして、基本通りのS字プルで、しっかりとヘソの下で水をかいた結果、水の中を体がスイスイと進んで行くではありませんか!まるでモーター・ボートのよう [わーい(嬉しい顔)] (ちょっと大袈裟)

blogcrawlspull.gif25mのタイムも呆気なく25秒を切ることができました。
しかし、まだまだ安定した泳ぎには程遠い、がむしゃらな泳ぎになってしまってますので、いかにゆったりとした泳ぎに持っていくかが今後の課題です。



近頃の尖閣諸島を巡る米国政府や諸外国の新聞論調を見ておりますと、「話し合い」 だの、「冷静な対応」 だのと、日本が百歩譲って中国の利権を認めざるを得ないような世論形成に動いているようで、気になるところです。
安倍総理。訪米した時に言ってやりましょう。「我が国は尖閣を守るためには武力行使も辞さない、米国も覚悟しておいてくれ」 とね。

nice!(3)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

サイド・キックが重要 [スポーツ]

と言いましてもキック・ボクシングの話ではありません。
以前にも書きました水泳のクロールにおけるバタ足の話なのですが、近頃スポーツ・オタクになっておりますので、少しばかりの能書きを述べさせて下さい。
クロールにおける重要な体の動きとしましてローリングがあります。洗濯板のように体を水平にして泳ぎ続けるのではなく、体を左右に45度以上傾けながら泳ぎますと、水中で抵抗の少ない体勢を取ることが出来ますし、呼吸の動作も楽になるのです。
その時、バタ足を垂直方向・上下に打ってしまいますと、上半身と下半身がねじれてしまい、バランスを欠いてしまいます。
そこで、バタ足を水面に垂直に打つのではなく、上半身のローリングに合わせて斜め方向に打つ必要があるのです。

blogcrawlsidekick.gif水泳の教本にそう書いてあったことを、すっかり忘れていました。
競泳選手のキックの幅は、我々素人が考えるよりかなり大きめのようですね。

これまでに分かった呼吸の時のコツ。
息をしようとするあまり、頭のてっぺんから持ち上げる人が居ますが、それですと口が水面に出るまでには、頭をかなり持ち上げる必要があります。
そこで逆に、顔を横に向けながら、頭のてっぺんを水中に突っ込むようにしますと、水面に出る部分が減って浮力を確保することが出来ます。口は半分水面に出せば呼吸できます。

今のところ、壁を蹴ってスタートして25mを泳ぎ切るのに30秒をちょっと切る、27、8秒で泳げてますので、当面は25秒を切る事を目標として励むことにしましょう。
6ビートのキックが安定して打てるようになりましたら、次の課題がストロークの改良です。しっかりとしたS字プルが目標です。
もっとも、クロールの技法には、フラット・スイム。ストレート・プル。ストレート・アームなどがあるようなので、何が正しい泳法なのか一概には言えないようですが。

忘れないように、今後のストロークの課題。
① 入水は人差し指から。
② キャッチしたら外側へかき始める。
③ S字プルでは、なるべく体の近い所をかく。深いところをかいてはならない。
④ プッシュまでしっかりかいて、腿の位置で出水。

参考 : 100m自由形の世界記録 47秒05 / 25mを11秒76!!
ちなみに バショウカジキは25mを1秒で泳ぐそうな [exclamation×2]


blog13.1.27sunset.jpg部屋でパソコンに向かっていましたら、何やら窓の外が赤く輝いているではありませんか。
取りあえず一枚撮っておきましたが、写真の右から1/4の辺りにある富士山のシルエットがお分かりになるでしょうか?


元横綱大鵬関が亡くなりました。
巨人 大鵬 卵焼き と言ったのは堺屋太一でしたか。
私は卵焼きは好きですが、巨人は大嫌い。大鵬はそれ程でも、言ったところでしょうか。
柏鵬時代。私の母親が柏戸を応援していましたので、私も影響を受けて柏戸ファンに。その理由、
大鵬は名門の二所ノ関部屋に所属していましたので、同門の取り組みはないとの規定によって、対戦相手に恵まれていたのですが、柏戸は弱小部屋の所属でしたので、強豪力士との取り組みを余儀なくされて気の毒というのが理由だったのです。
また、大鵬はあまりにも強すぎましたが、柏戸は強さの中にももろさも持ち合わせていましたので、その辺りにひかれたのかもしてません。

初場所は横綱日馬富士が優勝しましたが、何だい!引いてばかりの横綱じゃないか。

nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

伊達公子のテニス [スポーツ]

全豪OPテニスで、クルム伊達公子が最年長勝利記録を更新したそうですが、不甲斐ない旦那(レーシング・ドライバー)への内助の功なのでしょうか?
私も一時期テニスに凝っていた時期があったのですが、如何せん遅咲きのテニスで練習量も不足気味。
そこで考えたのが、誰にもレシーブできないようなサーブを打てれば、勝てないまでも負けることはないだろうとの戦略でした。
毎日毎日、サーブの練習の励んだ結果、それなりのサーブが打てるようになったのですが、サーブは所詮水物。
私のイメージ通りの結果を得ることは出来ませんでした。

そこで、老体?にむち打って頑張り続けている伊達公子のサーブを、せんえつながら解析させて頂ければ・・・・・
Kimiko_D1_4.jpg

彼女はサーブを打つ時、体の前でラケットを振り上げていますが、非力な女性では十分なパワーをボールに与えることは出来ないでしょう。
同じようなサーブを打つ選手に、米国のクーリエが居ましたが、彼のような男子選手であれば、それでも十分なパワーを与えることができるのでしょうが、女子選手では無理な相談でしょうね。
いったい彼女のコーチは何を教えていたのだろう?!
やはり、ラケットは体の後ろから大きく振り上げて、ボールに十分なパワーを与えるようにするべきだったでしょうね。グラフのように。
もし彼女が、もっと強力なサーブを打っていたなら、準決勝でグラフを打ち破って、ウインブルドンを制覇することも可能だったろうと思っているのですが。

nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2ビートから6ビートへ [スポーツ]

と言いましても、何のことやら分かりませんが、音楽の話ではありません。
水泳の四大泳法の一つであるクロールのキック、いわゆるバタ足を打つ回数のことなのです。
右左と腕を2回かく間に2回キックするのが2ビート。6回キックするのが6ビート。
私も最初は6ビートで泳いでいたのですが、アクセント・キックを意識するあまりか、いつの間にか2ビートの泳ぎに変わってしまっていたのです。
6ビートは6回打つと言いましても、全て同じ力で打つ訳ではなく、強く打つ2回のキックをアクセント・キックと呼んでいます。
ドカン トン トン ドカン トン トン と打つのが6ビートで、トン トン を省略しますと2ビートになります。

アテネ・オリンピック女子800メーター自由形で金メダルを取った柴田選手も2ビートでしたので、2ビートが悪い訳ではないのですが、より滑らかな泳ぎを求めて再び6ビートに戻そうと努力をしている最中なのです。
現状に満足せず、研究を重ねてより高みを目指すのを身上としておりますので。
どちらかと言うと、長距離は2ビート、短距離は6ビート。

しかし、キック数を減らすのは簡単な事かもしれませんが、2→6にキック数を増やすのは思いのほか大変だったのです。
バタ足だけで泳いでいるうちは良いのですが、それにストロークや息継ぎを入れてきますと、足が乱れてきて痙攣しているようにしか見えなかったり、キックするのを忘れたり。う~ん、難しい。

スポーツ・クラブのプールには悪い見本が溢れてますので、人の振り見て我が振り直せ。
オリンピック選手並みの泳ぎを求めて精進せねば。女房も一緒に入会したのですが、こしゃくなことに滑らかで速い6ビート・クロールを泳ぐんですよ。負けられません [パンチ]

blogcrawl.gif真似てはならない 人の振り。

リカバリーの腕を真っ直ぐ伸ばして水車のようなストロークをする人。これですと、水面を叩くような入水となってしまいますので、大事な前方への伸びが滑らかに行えないでは?
そしておばさん(失礼)に多いのが肘から先に入水する人。ここは教科書通りに肘先行で出水し、肘は常に手先より高い位置に保ったまま(ハイ・エルボー)、手先から真っ直ぐ前方へ入水するようにしないとね。

この時、真っ直ぐ前方に入水するのではなく、腕で頭を抱え込むようにしながら体の反対側に入水する人が多いんですよね。そのため、空手チョップのようなプレスとなってしまい、腕にかかる抵抗も大きくなるでしょう。
呼吸する側と反対の腕がなりやすいのは、その方が呼吸がしやすいからでしょうが、ローリングをしっかりとやっていれば呼吸も楽にできる筈です。洗濯板みたいに体を水平に保ったまま泳ぐ人も多いようですが。

ローリングを行って腕を前方にしっかりと伸ばせば、、半身の体勢となって、抵抗の少ない泳ぎになると教科書に書いてありました。
前にも書いたことですが、クロールは腕で水をかくイメージではなく、腕を前方にしっかり伸ばすことをイメージして泳ぎますと、楽に速く泳ぐことが出来ます。
面白いことに腕をしっかりと伸ばしますと、その反作用でしょうか?意識しなくても、反対側の腕が力強く水をかいてくれるのです。
以上自戒を込めて、能書きを並べてみました。


ところで、安倍次期政権には早くも失望しております。
まずは、日韓関係を修復するとのことで、韓国の新大統領に親書を携えた特使を送るとの事だったようですが、「来なくていい」 と体よく断られたらしい。
違うだろうよ!親書を持って来るべきは韓国の方。日韓友好のボールは韓国側にあるだろうに。
ところが、安倍次期首相は、韓国大統領就任式に招待されたいたいがため、2月の予定されている
『竹島の日』 を政府主催で行うことを見送ることになったらしい。
友好第一。国益二の次の外交が、自民党政権になっても繰り返されるのか!!!

nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

プレーオフ [スポーツ]

日本のプロ野球、米国の大リーグ共にプレーオフが始まりましたが、日本のクライマックス・シリーズとやらは分かりにくい。
一昨年でしたか、パ・リーグのペナント・レースで3位となったチームが日本一になってしまいました。
これでは、「1年間戦ってきたのは何だったのか?」 との疑問が生まれくるのは当然のことでしょう。

そして、今年のクライマックス・シリーズは、

blog2012playoff.gif

そこで、大リーグに習って両リーグを東西に分けて、地区優勝同士がプレーオフを行うというのはどうでしょうか?
恐らく、この方法も検討された事はあったのでしょうが、地区分けが不公平などと文句を言うチームがあって、実現しなかったのかもしれません。
しかし、どんな方法でも多少の不満は出るもので、そこには妥協が必要となってきます。
地区分けの一案。

パ・リーグ 東地区 : 日本ハム / 楽天 / 千葉ロッテ
あaaaaaa西地区 : 西武 / オリックス / ソフトバンク

セ・リーグ 東地区 : ヤクルト / 巨人 / 横浜
あaaaaaa西地区 : 中日 / 阪神 / 広島

東・西地区ではなく、もっと洒落た名称を考えてもよいかもしれません。

これに今年の成績を当てはめてみますと、

blog2012order.gif

となりますが、今年に限って言えば、地区2位のチームが他地区の1位のチームより勝率が高いという逆転現象も起きていませんので、概ね妥当な地区分けと言えるのではないでしょうか。
逆転現象が起きた場合の救済策として、地区2位のチームが他地区1位のチームを勝率で上回った場合には、その両チームでリーグ優勝戦進出をかけて戦うという方法もあります。

それにしても引き分けが多すぎます。
「遅くまで試合が長引くと、観客の帰りの足がなくなる」 との親心?と聞いた事がありますが、プロなら決着が付くまで何時間でも続けろと言いたくなります。帰りの足ぐらい自分で考えますよ。
大リーグに比べても試合数や移動距離が少ない日本のプロ野球。「疲れるから」 など理由にならない。
球場まで足を運んで、引き分け試合を観て帰る時ほど後味の悪いものはありません。引き分けるくらいなら、贔屓チームが負けてくれた方が余程スッキリしますよ。

ダルビッシュなど、有力選手の大リーグへの移籍や、サッカー人気に押されて人気凋落傾向が続いている日本のプロ野球。
ここら辺りでぬるま湯から抜け出し、思い切った体質改善を行う時期が来ていると思いますが。


5年間使ってきました DELL のパソコン。
近頃どうも調子が悪くなってきたと思っていたのですが、メイン・スイッチを押しても起動しなくなってしまいました。取扱説明書を見ながらトラブル・シューティングをやろうとしたのですが、電源が入らないのでは話になりません。
コンセントを抜き差ししたりしているうちに、今回は何とか起動することが出来たのですが、そろそろご臨終なのかもしれません。
そうなりますと、ブログも一時休止せざるを得なくなるかもしれませんので、ここまでのアクセス・データを残して置くことにしました。

blogacces12.10.16.gif


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ロンドン・オリンピック [スポーツ]

ロンドンでは熱い戦いが繰り広げられているようですが、日本選手の成績はどうなのでしょう?
スポーツ解説者が 「金確実」 などと視聴者に媚びを売るのは承知しているとは言え、「前評判ほどではなかった」 と言うのが私の正直な感想です。特に、体操と柔道は期待外れだったのではないでしょうか。
同じ銅メダルでも、万々歳だと言える競技と、悔しい競技にはっきりと別れていましたね。
なかでも、200mバタフライの松田選手。グッとこらえた表情にその悔しさが表れていたようで気の毒でした。

NHKのアナウンサーが言ってました。「銅メダルは金と同じです」 なら、銀メダルは金より良い?

それにしても今の柔道競技。世界的なスポーツとなったのは良しとしましても、採点方式がポイント制になってからと言うもの、柔道と言うよりは柔術に成り下がったようで、レスリングを観ているようでしたね。
いっその事、両者が襟を取り合った形から試合開始としたらどうでしょう。そして 技あり 以上の技が出なかったら、両者共に負けとしてしまえばよいのかも。

バドミントンの試合。中国ペア同士が決勝トーナメントの最初の試合で対戦しないよう、韓国に故意に負けて非難を浴びているようですが、かなり露骨な試合運びだったようですね。
そして、なでしこジャパンの監督も強行軍の試合を避けるため引き分けを指示していたとの事ですが、
バドミントンの中国ペアと五十歩百歩。こんな小細工を弄しますと、よい結果につながらないような気がするのですが・・・・・決勝トーナメント、最初の相手はブラジル。

blogolympiclondon.jpg


オリンピック放送の合間に参議院特別委員会の中継を見ていたのですが、社民党の福島瑞穂が野田総理に 「今の日本では子供を産んで育てることが出来ないと若い女性が言ってます。総理どう考えますか?」 などと言っては執拗に食い下がっていました。しかしね~福島先生、
『産まない選択 子供を持たない楽しさ』 なる珍本を執筆されたことを、よもやお忘れではないでしょうね?
若い女性に言ってやりましょうよ。「子供を産んで育てるだけが人生ではありません。子供がなくても人生楽しめますよ」 とね。

nice!(3)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

WBCへの不参加 当然でしょう [スポーツ]

日本プロ野球選手会の新井貴浩会長(阪神)が、日本の3連覇がかかる第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に参加しない方針を表明したのは、残念ではありますが、大リーグ側の傲慢な態度を知るにつけ、当然の結論だと思うようになりました。
米国のおごり・横暴さは目に余ります。米国の傲慢さは今に始まった事ではありませんが、今回の毅然とした態度、日本政府にも見習って欲しい。

「金の問題でごねるのは見苦しい」 と言う人も居るかもしれませんが、プロ選手は金を稼いでナンボ。
プロ・ゴルファーのランキングも獲得賞金額で決まるではありませんか。

だいたい、自国のチームのみが参加するのに、ワールド・シリーズと言うくらいですからね。
概ね世界中の選手が集まっているリーグなので、そう呼んでもおかしくないとの理屈なのかもしれませんが。

先日の大リーグ・オールスター・ゲーム。NHKの解説者は 「凄い、凄い!」 を連発していましたが、パワーがあるから勝てるとは限りません。実際、WBCでは日本が2連覇している訳ですから。

大リーグ中継を見るようになって、最初に感じたのは、外野手の肩が思ったより弱肩であったこと。
おまけにコントロールも定まらなくて、ホーム・ベースへドンピシャリの返球を見たことがない。イチローの返球を見て、レーザー・ビームと騒ぐのも当然のことでしょう。
更に、ダグアウトやグラウンドに ペッ ペッ とツバを吐くのも見苦しい。
米国にはところ構わずツバを吐く文化はないと思っていたのですが・・・・・エリートであると自覚しているであろう大リーガー達は手本となるべきだろうに、ファンからの批判はないのかね?
大リーグの日本人選手には、クチャ クチャ ペッ ペッ の真似だけはして欲しくない。

1.jpg
もう一つ大リーグで面白いと思ったことは、球場の形が変則であること。
ボストン・レッドソックスのフェンウェイ・パークなどは別として、土地の広い米国のこと、左右対称の球場を造るのに苦労はないと思うのですが。
考えるに、ベース・ボールはあくまでも米国の荒野で行うスポーツと言うことで、あえて変形にしているのでしょう。
もう一つ。写真のように外野のファウル・グラウンドが狭い(無い?)こと。「ファウル・フライでアウトになると面白くない」 との理由らしいのですが、色々な考え方があるものですね。


今日の寒さはどうしたことか!このまま秋になってくれれば助かるのですが、来週にも暑い夏が帰ってくるのでしょう。
今年の梅雨。西日本の豪雨に反比例するように、関東ではまとまった雨が降ったとの記憶がありません。道志川水系を利用する神奈川は水不足の心配はないと思いますが、利根川水系はどうでしょうか?

11.jpg
ああああ神奈川には宮ヶ瀬ダムもありますしね。貯水量2億立方メーターは芦ノ湖と同じだそうな。

nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の20件 | - スポーツ ブログトップ