So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年06月| 2017年07月 |- ブログトップ

調布事故調査報告書 [航空関係]

産経新聞のコラム『週刊誌ウォッチング』で、月刊『HANADA』の編集長が「今週くらい日本の週刊誌の国際性の無さを痛感したことはない」と嘆いていましたが、全く同感。曰く、

「中国の民主活動家、劉暁波氏が国外での治療が受けられず13日(木曜)夕方に亡くなったというのに、週刊新潮も文春も20日(木曜)発売の号でも小さな記事としてしか扱わず、船越と松居とか言う夫婦の泥沼になっているらしい離婚騒動を取り上げていた」

出版社といい放送局といい、全く何を考えているのやら。
もっとも、その泥仕合を取り上げないと同業他社に販売部数や視聴率で差を付けられる恐怖から延々と垂れ流し続けているのだろうが。
と言う事は、そんな週刊誌やワイドショーを育てたのは購読者や視聴者の責任と言えなくもないか。
ワイドショーでしたり顔をして解説している芸能レポーターとやら、職業に貴賎はないとは言え、男子一生の仕事だと思っているのかね?


話は変わって。安倍政権の支持率が急落と何処かの新聞が嬉しそうに報じていたが、政権支持率とは、『加計学園』問題など真偽不明の情報に左右される浮き草のようなものでよいのか?!
安倍政権を支持しないのであれば、どんな政権を支持するというのか?
石破政権?蓮舫政権?いっそのこと韓国に倣って、志位の共産党政権にでもしてみたら。
仙台市長選然り。共産党が支援する市長が誕生したのだが、これからの四年間にどんな政策が行われようとも、後悔しても我慢するしかないんだよ。

再審請求中の死刑執行は異例であると批判している一部マスコミと人権団体とやら。
再審申請を何度となくくり返している死刑囚は125人中92名で、その殆どが新証拠を提示する訳ではなく、単に死刑執行を引き延ばしたいだけの戦術との事らしいね。
今回再審請求中に執行された死刑囚は、18歳の時にスナックママを刺殺。10年服役し仮出所した3ヶ月後に旅館の女性従業員の首を絞め、殺人未遂で懲役7年。そして出所して2ヶ月後のわずか2週間の間に4人を殺害したとして死刑が確定していた。
こんな殺人者を61歳まで国費で養い続け、再審請求で執行を先送りしていたのでは法治国家とは言えないだろう。


タイトルの「調布事故調査報告書」。このブログで以前指摘した事と概ね合致しているようですね。報告書の指摘するところは、

規定された最大離陸重量を約58キロ超過しており、重心も後寄りで機首が上がりやすく、失速しやすい状態だった。ただし、
運輸安全委ののシミュレーションでは、エンジン出力の低下がない限り、車輪も格納済みであり、そのまま上昇を続ける事が可能で事故は起きなかった可能性が高い。そして、そのエンジンの状態については、
米国の製造元に送り分解調査を実施したが、事故に伴う焼損で不具合があった可能性を示すものは確認できなかった。そうな。しかしね~
エンジンの分解調査は製造元ではなく、第三者(日本)で行うべきではなかったか?日本にだって調査技術はあるだろうに。隠蔽したとは言わないが、納得できないね。

フライト・レコーダーが装備されていなかったにも関わらず、速度・高度などの細かいデータが解析できた理由は置いておくとして、報告書によれば、
離陸後に到達した最高高度は約27m(90ft)で、速度は時速約141キロ(76kt)に達した後、機首を上げ過ぎたため時速約115キロのバックサイド側の飛行となってしまい失速。機首を上げたまま機体を左に傾けながら降下していった。との結論だった。

飛行機を操縦した事がある人には分かると思いますが、こんな時には機首が上がらないように操縦桿を抑え気味にして、速度の回復・増加に努めるべきなのです。
報告書が指摘しているように、重心位置が後ろ気味であったなら、操縦桿が操縦者の体の方に向かって押し付けてきますので、ググ~っと押し返す必要があるのです。

報告書にバックサイドという聞きなれない言葉が出てきましたので説明しますと、

2.gif例として、地上を走る自動車の全抵抗は空気抵抗と転がり抵抗が合算されたもので、転がり抵抗は速度に関係なく常に一定。空気抵抗は当然の事ながら速度が増えるほど大きくなっていきます。
故に自動車では、停止する直前が最も抵抗が少ない瞬間となります。一方の飛行機では、
空気抵抗と誘導抵抗が発生し、誘導抵抗は速度が遅くなるほど大きくなる特性を持っているのです。
その理由とは、速度が減ってきますと機首上げの姿勢が顕著となり、誘導抵抗も増加してしまうのです。
そして、空気抵抗の減少よりも誘導抵抗の増加が上回り、全抵抗が増加に転ずる点、左の図では 点より低速側をバックサイドと呼んでいます。
そしてこのバックサイドでは、フロントサイドではあり得ない飛行特性を持っているのです。

いま飛行機が、フロントサイド側の抗力と推力が一致する 点を一定の速度で飛んでいるとします。そのとき気流の影響などで 点まで増速したとしても、推力よりも抗力が上回って来ますので、放って置いても自然と元の速度 まで戻ってきます。
逆に、速度が減って 点まで減速しますと、今度は推力が抗力を上回っていますので、自然と元の の速度まで戻ってきます。正の安定性がある訳ですね。

ところが!バックサイド側の 点で速度を減少させてしまいますと、ますます抵抗が増えて来る事になり、更なる速度低下を招いて、ついには失速してしまうのです。負の安定性となってしまいますので、間髪を入れない回復操作・パワーアップが必要になってくるのです。
調布事故の場合、僅か30mそこそこの高度でバックサイド側になってしまったのであれば、助かる道はなかった事でしょう。
唯一有ったとすれば、滑走路延長線上には中央高速以外、顕著な高層建築はないようなので、思い切って50フィート程度の急降下を行い、速度を回復させる事でしょうか?かなり難しい操作ではありますが。oldfogy さん如何?

http://fdc.blog.so-net.ne.jp/2015-07-30#comments

http://fdc.blog.so-net.ne.jp/2015-08-03#comments


nice!(5)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2017年06月|2017年07月 |- ブログトップ