So-net無料ブログ作成

夢見る乙女 [政治]

戦後70年余、平和国家として歩んできた日本が、大きな岐路に立たされている。
台頭する隣国・中国と、内向きになる同盟国・米国。北朝鮮の核・ミサイルによる軍事的挑発はやまない。日本は自らをどう守り、アジア太平洋地域の平和と安定のために役割を果たしていくか?

答えに迷うことはない。

憲法9条を堅持し、先の大戦の反省を踏まえた戦後の平和国家の歩みを不変の土台として、国際協調の担い手として生きていくべきだ。
「大きな岐路に立たされている」と言いながら何の解決策も示さず、乙女心で酔ってるのかね?その前に北朝鮮に殺されるよ!

これを書いたのが夢見る乙女、小学生か中学生の児童なら「よく書けたね」とほめてやりたいところなのですが、書いたのは何と!ヒゲもじゃの、むくつけき朝日新聞の論説委員なのだ。
あ~気持ちワル~ [むかっ(怒り)]
4日付けの朝日新聞社説。迷うことがないのであれば、北朝鮮まで出かけて行って、憲法9条と平和国家の理念を三代目にご教授くださいませんでしょうか。
自身では何の行動も起こさないくせに「話し合いで解決」などと、高尚なご意見を述べ続ける大新聞。
THAAD を配備する代わりに、日本の空を9条の旗で埋め尽くしましょうか。
1.jpgああああああああああああああ祝日には日の丸を掲げましょう。

チキンレースという車による度胸試しがあります。
2台の車が正面衝突するコースで向かい合って発進し、衝突寸前どちらか臆病な方が先にハンドルを切って逃げるであろう、というゲームです。2台が同じ方向に避けたらどうなる?
との疑問もあるのですが、例えば右ハンドル同士であれば、左に避けることはないでしょう。

その韓国とのチキンレースに、安倍・岸田チームは負けてしまい、慰安婦像問題など何の解決も見ていないにも関わらず、長嶺駐韓大使を4月4日夜に帰任させたのでした。
その言い訳として「黄大統領代行と次期大統領選挙などの今後について意見交換する必要があるし、外交儀礼上は長嶺氏でなければ黄氏に会えない」(外務省幹部)と述べていたのですが、大統領代行からは会談を拒否され、今日に至るまで会談が実現していません。
そしてやっとのこと、長嶺大使は5月2日、帰任後初めてとなる会談を尹外相とやって頂けたのでした。韓国のマスコミなどは、
「韓国の側に正義があった」となどと、大騒ぎしているとのことだ。

不倫騒ぎや重婚問題を起こした国会議員はみっともないで済ますことが出来るが、国益を損なうような言動を行っている議員(共産党、自由党その他)は、国民の生命財産があんたらの双肩かかっていることを肝に銘じろよ。
また民進党にはテロ等準備罪への懸念から「成立したら国外亡命考えなければ」と語っている小西某なる議員もいるらしい。
国民を置いて逃げ出す国会議員など言語道断だが、どこへ逃げる?
日本以外の殆どの国には、日本のテロ等準備罪よりもっと厳しい 共謀罪 が用意されているんだけどね。
「日本の治安が悪くなったので、米国へ亡命する」と言っているようなものだよ、小西くん。

近頃 多発している凶悪事件を見るたびに、防犯カメラの有効性に驚かされます。
以前 設置に大反対だった共産党、社民党の皆さんのご意見をお聞きしたいのですが。

nice!(9)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感