So-net無料ブログ作成

三輪バイク。二輪と四輪の“いいとこどり"だって? [バイク]

あるニュース・サイトに「オープンエア感覚で二輪の気分を味わいながら、四輪の安定感がある。二輪と四輪の“いいとこどり”が三輪バイクの魅力」とありましたが、本当にそうだろうか?

1.jpgハーレーダビッドソン「トライグライド ウルトラ」

何よりとっつきやすいのは、大型自動二輪免許を必要としない事。これまでハーレーが日本で販売する製品は排気量883~1801ccの二輪車だったため、大型自動二輪免許を保有していないと運転できなかった。しかし「トライグライド ウルトラ」はマニュアル車の普通運転免許があれば運転できる。とも言っているのだが、私に言わせれば、
いいとこ取りどころか、二輪と四輪の悪いとこ取り となってしまうのです。
この事は二輪と四輪の長所・短所を考えれば分かる話し。

二輪の長所は風を受けながら飛行機のように左右にバンクさせながら走ることが出来るし、少々の渋滞なら車の間をすり抜けてさっさと先へ進むことが出来ること。
一方の短所は灼熱の太陽や雨風にさらされる耐候性の悪さ。

四輪の長所は、何と言っても快適性。真夏の猛暑の中でも、エアコンの効いた室内で疲れずに快適な移動が出来ることだが、
短所はと言えば機動性が悪く、渋滞にはまれば我慢の走行を強いられてしまう事。

では、三輪バイクはどうかと言えば、二輪の機動性はなく、四輪の快適性も望めません。
真夏の渋滞した高速道路で太陽にジリジリと焼かれながら車の排気ガスを浴びて真っ黒け。
一体どこが いいとこ取りなのよ?

8.jpg
ああああああああ前二輪の三輪バイクになら興味がありますが。


話は変わって年齢の話し。
若い人はご存じないかも知れないが、日本人には満年齢と数え歳があって、昔は「満で20歳、数えで22歳」などと言っていたものです。
その数え歳について「生まれた時点で1歳なので、満年齢+1歳が数え歳」との解説をネットで見かけたのですが、半分は合っていますが、半分は間違っています。
生まれた時点で1歳は合っているのですが、年齢が一つ上がるのは自身の誕生日ではなく、元旦(1月1日)なので、1月1日から自身の誕生日の間は『満年齢+2歳=数え歳』、誕生日から大晦日(12月31日)の間は『満年齢+1歳=数え歳』が正しい答えです。
どうでもいい話ですが、元旦に日本人全員の年齢が一つ上がると言うのが面白いところ。


またまた話は変わって、近頃 気になるニュースが一つ。
ロシアが日本への入港が禁止されている北朝鮮の貨客船「万景峰号」を使って北朝鮮との間に定期航路を開設すると言うではありませんか!
第一便は来月8日に北朝鮮・羅先(ラソン)を出港し、ロシアのウラジオストクに向かうとのこと。そして今後は月に6回程度、往復する予定で、乗客と共に、食品や家具、自動車部品などを運ぶのだそうな。そこで気になるのは、
北朝鮮に対する中国の制裁強化を受けて、中国に代わり北朝鮮の後ろ盾になろうとの思惑があるのではないかとの危惧である。シリアへのミサイル攻撃で面子をつぶされたプーチンの意趣返しでなければよいのだが。
米国とロシアの対立が深まれば、更に世界的危機が訪れるかも知れません。

nice!(9)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感