So-net無料ブログ作成

小池都知事のスカートの中で [政治]

日曜日に行われた千代田区長選挙。予想外の大差で小池知事が推薦する現職が当選し-75歳だって!いつまで区長の椅子にしがみつくつもりだ-すっかり強気になった側近達は次の都議会議員選挙
では60名以上の擁立を目指すつもりらしい。
そして都知事選で小池氏を支持して自民党を除籍された2名の区議と、民進党を離党した2名の元都議も小池知事が立ち上げた『都民ファーストの会』から立候補することを表明し、公認されたとのこと。

彼らは、
「東京を本当に変える絶好のチャンスだと、東京大改革の旗のもとにはせ参じたいと」
「東京大改革に賛同する同志がいなければ進まないことも多々あると思いますので、そこのフィールドに身を移したいという思いで決断した」 などと、
高尚な想いを語っているようだが、
1.jpg

所詮 小池都知事のスカートの中で次の都議会議員選挙を戦いたいだけだろうが。その方が当選の可能性が高いと踏んだだけ。

ただ一つだけ小池都知事を評価する点があるとすれば、朴 槿恵韓国大統領におもねって舛添元都知事が約束した、都有地を学校用地として韓国政府に貸し出す方針を小池知事が「撤回する」と表明したことだろうか。

マスク [社会]

と言いましても、ジム・キャリー主演のアメリカ映画『マスク』のことを話題にしたい訳ではありません。
皆さんが日常的に装着しておられる、感染症や気管支炎予防のためのマスクの話なのです。
マスク装着を否定する訳ではありませんが、私はマスクが大嫌い。マスクをするくらいなら感染症で死んだ方がましだと思っているくらいなのです。

1.jpg
マスクを付けて公の場に出てきた小沢一郎民主党代表、この異様さには寒気がしてしまいましたよ。
もちろん体の弱い人などには必須のアイテムでしょうから、全てを否定する気はないのですが、今朝のニュース番組で取り上げていたマスク依存症には大いなる疑問を感じたのでした。
依存症になってしまうのは、スッピンを見られたくない。他人との関わりを断ちたい。そんな理由らしいのですが、社会生活を円滑におくる上では問題ありと思うのです。
車の窓に貼るスモーク・フィルムと同じ心理なのでしょうか?

先日、老後資金の相談に行った銀行で対応してくれた女子行員は、ずっとマスクをしたままでした。『風邪気味で他人にうつしたくない』などの心遣いだったのかも知れませんが、随分と失礼な態度だと感じてしまったのです。考えてもみてください、
ニュース番組に登場する女子アナなどが、ずっとマスクをしたままで原稿を読んでいたらどう感じるだろうか?と。
も一つ、道でマスクの人とすれ違った時に挨拶をされるのも困りもの、誰なのかが分かりませんからね。せめてマスクを取って何処の誰かを名乗った上で挨拶をして欲しい。


e.jpg
ああああああああああおざわさん、こんなマスクだったら許せたかも [わーい(嬉しい顔)]