So-net無料ブログ作成

最高裁の妥当な判決 [社会]

などと偉そうなことを言ってしまいましたが、

認知症の91歳の男性が徘徊中に線路に立ち入り、列車にはねられて死亡する事故が起きた。この事故をめぐって、JR東海が、男性の家族に損害賠償を求めていた訴訟で、最高裁判所第3小法廷は3月1日、男性の妻に賠償責任を認めた2審判決を破棄して、JR東海の請求を退ける逆転判決を言い渡した。

この判決に対しては、認知症JR事故「温かい判断」 との意見が大勢を占めているようで、救われた気持ちになっているのです。

1.jpg

なぜに私が最高裁判決にこだわるのかと言いますと、何を隠そう、私の高校の同級生が最高裁判事を務めているからなのです。だから何なんだ?言われればそれまでですが、同級生として勝手に誇りに思っている事には、ご理解いだけますよね。我が故郷の誇りなのですから。

その判事と酒を酌み交わした時、焼津上空での日航機ニアミス事件に関して、大いに意見を交換した事を懐かしく思い出したのでした。
ちなみに、最高裁判事の定年は70歳だそうです。

nice!(28)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 28

コメント 5

カイホ

現代の大岡裁きでしたね。
弱きを助け、強きをくじく・・・。
最高裁は見事な判決を下したと思います。

焼津上空ニアミス事案の最高裁判決、
当時の航空管制システムを理解して
果敢に意見したのは、キャプテンの
ご同窓の判事ひとりだったと記憶して
います。

もしかして、キャプテンがS判事にご助言した
のでは・・・?


by カイホ (2016-03-02 19:30) 

FD

急遽 訂正しておきます。
意見交換したのは判決の後でしたので、助言などとはお恐れ多い事です。

by FD (2016-03-03 07:56) 

oldfogy

最高裁の判決に救われました。

私も何時同じような状態になるか全く解らないから。

それにしても一審、二審のアホ裁判官!『お前の親が認知症になったら、24時間寝ないで”監督”してろ!』位は言わないと税金をかつて大枚払った身としては怒りを持っていくところがありません。
by oldfogy (2016-03-03 20:39) 

FD

地裁だか高裁だかの裁判官が、判決を言い渡した後、「控訴しなさい」
と言った事がありましたが、例え死刑判決を出したとしても
最後の引導を渡すのは最高裁だと高をくくっているのでしょう。
下級審は気楽なものでしょうが、最高裁判事の葛藤はどれ程のものか?

by FD (2016-03-04 08:23) 

無責任一代男

判例が最も大事な裁判業界だから過去にない初めての判決出すのは誰もが責任を背負いたくはないのは理解出来るが、あえてそれをする事になた裁判官のストレスは相当なもの。体にはお気をつけください。
同級生が歴史を作った人だというのは誇りです。
by 無責任一代男 (2016-03-04 10:17) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0