So-net無料ブログ作成

面白い事を仰る [社会]

あまりに馬鹿馬鹿しい話なのですが、書かずには居られませんでした。
インターネットの人生相談を見ていますと、大変興味深い?ことを仰る御仁(今回の場合は女性)がいて、笑わせて頂きました。曰く、

あああああああああ男の浮気は身体目的の卑しいものですが、
あああああああああ女性の浮気は心の繋がりを求めた崇高なものです。

t.jpg
ああaaaaaaaaaaaaaaとのご高説であるなら、不倫とは、

あああ身体目的の卑しい男と、心の繋がりを求めた崇高な女性が交わる行為な訳ですね。

お口直しに楽しい話題を。
スキージャンプ・女子ワールドカップの沙羅ちゃん。
昨年は序盤の不調が響いて年間チャンピオンを逃しましたが、今年は出だしから絶好調、3戦して早くも2勝目(2位1回)をあげました。通算32勝。
ロシア・ニジニータギルでの第3戦では伊藤選手も2位に入って日本勢のワンツー表彰台。

1.jpg
これ以上飛ぶと危険とされるライン、ヒルサイズ97mを超える98m/99mを飛んでの圧勝でした。しかも、前半飛んだ選手よりもスタート・ゲートが1段下がっていたのです。
そして、更に良かったのが、君が代がコーラス付きだった事。コーラスが付きますと君が代の素晴らしさが更に際立ちますね。
nice!(15)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 15

コメント 11

ロートレー

私も沙羅ちゃんのフアンの一人です。
ゴーグルを外すと素朴な女に子が、いったんサッツをけると鋭い前傾姿勢を保ったままぐんぐん飛距離を伸ばしていく
美しくて、かっこよくて痺れます! 別人のようです。
by ロートレー (2015-12-15 13:05) 

FD

ホント沙羅ちゃん、あの小さな体であれだけ飛べますよね!
体が小さいと言う事はスキー板も短い訳ですから。
沙羅ちゃんが表彰台の一番高いところに上がっても、スキー板の先端の
高さは、3位になった大柄な外国人選手の板の先端と殆ど同じ高さに
なっています。
あの短い板で飛ぶと言う事は、グライダーと戦闘機が滑空競争しているのと
同じ事でしょうから。

ところで、そのスキー板。フィッシャーの板を使う選手が多いなか、
彼女の板はエランですが、むかしワールドカップのアルペン競技で
歴代トップの86勝を上げたステンマルクと同じ板になります。

沙羅ちゃん目指せ86勝超え!

by FD (2015-12-15 16:04) 

Gen.Lee

人の人たる所以は人倫の道を行うか、踏み外すかの違いでしょう。
人と禽獣の違いは、ここにあるのです。
FD氏の地元、葉山の日陰茶屋の刃傷沙汰なんぞ今でも噴飯物。
戦後まで生き残った婆さんは醜悪だなあ。
帆走中の13mのマストでも15mのアンテナタワーでも怖くもなんとも
ないのに、空中に浮遊するのは怖い。
足が地に着いてない感覚が恐怖心を起こすようで。



by Gen.Lee (2015-12-15 16:20) 

FD

葉山は私の地元ではありませんし、日影茶屋の話が何のことか
全く分かりません。しかし、ひとつだけ言いたい事は、
「人と禽獣の違い」の部分です。
人と獣の交尾、どちらが崇高だとお考えですか?
獣たちは純粋に子孫を残すための行為を行っているのです。
一方の人間、殆どが快楽のためではありませんか?獣たちは避妊を
していません。



by FD (2015-12-15 19:08) 

無責任一代男

不倫は文化だとは思わないけどスケベは人類を救う。
分からないものに興味を持ちその本質を探ろうとするスケベ心が人類の進歩と調和を生み出したに違いない。
太陽系の端で行方不明になったはやぶさが地球に帰ってきたのも、一度金星軌道投入に失敗したあかつきが再び挑戦して成功したのもこのスケベ心が人類にはあったから。失敗から学ぶことはスケベが基本にある。
そして不倫男たちは避妊に失敗して絶滅への道を歩む。

by 無責任一代男 (2015-12-16 10:40) 

Gen.Lee

どちらが崇高とは考えたことはありません。
人以外は発情期に子孫を残すために強い
雄が子孫を残すので、これは本能。
避妊については、知識も技術もない獣に
は出来ません。
人は年間とうしての発情期があるけれども
双方の環境によっては妊娠しません。
スケベとひとくくりにいえば解り易い表現ですね
好奇心、探究心も失敗を繰り返さないように学習
するのですが、やはり失敗から学ぶ事が多いです。


by Gen.Lee (2015-12-16 11:13) 

FD

人がスケベでなかったなら、人類は絶滅しているでしょうね。

今日の新聞の広告欄に本願寺法王という坊様のこんな言葉が載っておりました。
「この世かぎりの命だと思っていませんか?」

『人間は死んでもまた生き続ける』

このペテン師め!人間だけに来世があるなどと、全く都合の良い事を。
犬や猫にはないのかいな?更に
どこからを人間というの?
http://image.search.yahoo.co.jp/search?rkf=2&ei=UTF-8&p=%E4%BA%BA%E9%A1%9E%E3%81%AE%E9%80%B2%E5%8C%96#mode%3Dsearch

by FD (2015-12-16 14:30) 

無責任一代男

おお、スケベ教教祖としてはうれしく思います。もっと布教するかな。
人間が死んでも生き続けたらゾンビだがね。それを入院中に見てきたから気持ち悪い事は分かる。
人が死んだあとは今生きてる人の記憶に残るんです。だから時々思い出してあげる事は一番の供養と思ってます
進化の図を見て思った事は、スキージャンプにウィングスーツというヒレのようなもの着たらもっと滑空出来るんじゃないかいな。人類は鳥類に憧れてライト兄弟は少し前に飛行機作った。魚類を研究してソナーや魚群探知機を発明した。これ皆スケベの賜物。
by 無責任一代男 (2015-12-16 19:10) 

カイホ

高校時代はスキー部の主将を
しておりました。

ステンマルクは自分達世代の
あこがれでした。

スルスルと雪けむりのない滑り
で独特でしたが、早かったです
ね。

生涯をエランの板でつらぬき
滑降では専用板のないエラン
で滑走したものの

うまくタイムに結びつかなかっ
た事などとても思いで深いです。



by カイホ (2015-12-17 21:24) 

FD

ムササビのように飛び回っている映像を見た事がありますが、
残念ながら規程によりジャンプ競技では使用できないようです。
ヒルサイズを超えて、街の中まで飛んで言ってしまうかもしれません(笑)

by FD (2015-12-18 09:31) 

FD

私は南国の生まれですので、スキーを始めたのは入社してからでした。
最初にしっかり習っておけば上達したのでしょうが、最後まで我流でした。

骨折でもしたら業務に影響するとの事で、スキー禁止などの噂もありましたが、
管理職も率先してやっていましたので、有名無実?に。

無名だったエランの板を一躍メジャー・ブランドに押し上げた功績は
大きかったでしょうね。

by FD (2015-12-18 09:36) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0