So-net無料ブログ作成

今年のツバメ便り [家庭・家族]

今年のヒナは5羽のようです。

blog15.6.6swallow2.jpg

blog15.6.6swallow.jpg一週間後、だいぶツバメらしくなってきました。驚異的な成長ぶり!6羽かも?

blog15.6.6swallow1.jpg親鳥は2、3分おきにエサを運んできます。親鳥の羽音が聞こえると、大きな口を開けてエサをねだります。不思議に思うのは、
どうやって公平にエサを与えているのか?と言うこと。与える順番を考えているのか、適当に与えても概ね公平に行き渡るのか?ネットで検索しますと・・・
大きく口を開けて、大きな声でなくヒナに与えているそうな。自然界の生存競争は厳しいようです。
写真を見ても、2羽だけだ大きな口を開けていますね。頑張って鳴けよ。


blog15.6.6sparrow.jpg我が家ではスズメも飼って?います。


報道によりますと、
衆院憲法審査会は4日、憲法学の専門家3人を招いて参考人質疑を行った。憲法解釈変更による集団的自衛権の行使を含む新たな安全保障関連法案について、与党が推薦した参考人をはじめ全員が「憲法違反だ」と批判した。

とのことだが、憲法がおかしい、間違っている との認識には至らないのか?
素人の米国人が、僅か数日で書き上げたまやかし物ですよ。

nice!(12)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 12

コメント 4

SpeedBird

もともと憲法改正を掲げていたのにいつの間にか閣議決定までハードルを下げちゃったのですから、結果的に異論噴出を先送りしただけとも言えるのかも。
by SpeedBird (2015-06-06 23:56) 

カイホ

今年もFD家のツバメたちはお元気そうで何よりです。
我が家のツバメはカラスに襲撃されてしまいました。
地上10M位の随分高所に営巣するので大丈夫かな?
と心配していたのですが予想とおりの結果になりました。

昨今、高所に営巣する理由は「ツバメの天敵はカラスの
次に人間だから」と専門家が記述していました。
都心のツバメは人間嫌いのようです。


by カイホ (2015-06-07 13:18) 

FD

日本国憲法をひたすら守れと声高に主張する人達は、現在の憲法は
神が創ったかのような、一切の改訂を必要としない完璧な法制だと
考えているのだろうか?答えは、否です。
彼らが護憲を唱えるのは、国民の生命財産を守るためと言うより
党利党略のためであることは有権者はお見通しですよ。特に社民党、
この政党が護憲を外したならば、党の存在意義がなくなって、
福島瑞穂も失業の憂き目にあうでしょうから。

by FD (2015-06-08 06:21) 

FD

カラスに襲われたツバメ家族の悲劇、ブログで読みました。
我が家では、玄関先の奥まったところに巣がありますので、カラスの
襲撃からは守られていると思うのですが・・・それにしましても、
ツバメの天敵、二番目が人間とは情けない限りです。

以前どこかの町で、橋の下にツバメの巣があると、道がフンで汚れるとして、
消防車の放水で巣を叩き落とすという暴挙を行ったことがありましたが、
本当に腹が立ちました。

by FD (2015-06-08 06:25) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0