So-net無料ブログ作成
検索選択

蛍より団子 [旅・温泉]

『ゆこゆこネット』からこんな案内が来ました。

ホタル観賞の夕べ IN ロマンの森
今年もロマンの森では、満天の星と神秘的なホタルの灯、夏の訪れを告げる幻想的な光のショーが楽しめる。延べ数万匹の源氏ホタルと平家ホタルの乱舞いを見ることができる。
そして宿泊地として、鴨川温泉の宿が紹介されていたのでした。

食指を動かされるではありませんか。鴨川で美味しい魚を頂いて、蛍の乱舞?も鑑賞できるとは!
さっそく日時などの検討を始めたのですが・・・・・待てよ、
この時期、空が暗くなるのは7時過ぎ。となると食事の後にホタル観賞となるでしょうが、食事の後と言うことは酒を飲んでいる。運転は出来ない。どうやってロマンの森まで行く?
女房は免許を持っていませんし、鴨川温泉からは直線距離でも10キロ以上ありますので、歩くわけにもいきません。
木更津行きのバスがロマンの森に寄るようですが、走っているのは昼間の時間帯だけ。
宿にも電話してみたのですが、「送迎バスはないのでタクシーになるでしょうが、料金は高くなるでしょう」とのこと。「ゆこゆこはどんなつもりでこのプランを送ってきたんでしょうね」と言いますと、「そうですね~・・・」と笑ってましたが。

ロマンの森 園内マップ

blog14.6.19roman.gifそこで色々調べてみますと、園内にもホテルがあるではありませんか。
ここに泊まれば、食事の後、歩いてホタル観賞に行けますね。そこで女房に、
「食事は期待できないけど、園内のホテルに泊まれば思う存分ホタル観賞が出来るよ」と提案したのですが、「ホタルより美味しい魚が食べたい」ですと。蛍より団子かよ [ふらふら]

と言うことでホタルは諦め、鴨川温泉の『アワビ・伊勢エビ・海側確約 和洋室プラン』に落ち着いたのでした。

blog14.6.19room.jpg海が望める和洋室。

blog14.6.19roomview.jpg

blog14.6.19panorama.jpgパノラマ写真で撮ってみました。


お目当ての食事は期待以上でした。

blog14.6.19dinner.jpg「こちらの席へどうぞ」と案内された時、「二人だから違うでしょう」と思わず言ってしまいましたよ。どう見ても四人前に見えましたので。

blog14.6.19dinner2.jpgアワビも伊勢エビもやや小ぶりでしたが、宿賃1万1千円ですので、こんなものでしょう。

blog14.6.19bath.jpg潮騒露天風呂?あまり開放的ではありませんが、1階にあって前の海岸端を人が通りますので致し方ないか。
1カ所しかありませんので男女入れ替え制。男が入れるのは19時からのみ、朝もダメ。


ところで、横浜から千葉に行くには二つのルートが考えられます。
その壱、アクアライン経由。
その弐、久里浜から東京湾フェリー。
アクアライン経由が一般的だとは思ったのですが、同じルートで往復するのは芸がないと思い、往きだけは久里浜からのフェリーを考えてみました。
ただし料金を調べてみますと、車と運転者一人で3,990円。同乗者は720円で合計4,710円也。ところがアクアラインは、
ETC割引が継続中で、たったの800円也。その先の館山道の通行料720円を含めても、1520円で千葉まで渡れるのです。
そして、房総スカイラインは無料開放中なので、その先の鴨川有料道路の210円を加えても、1,730円で鴨川温泉まで行けるではありませんか。
利用者にとっては有り難いことなのですが、東京湾フェリー、客足が心配になってしまいます。

無料開放中の房総スカイライン。中速コーナーが連続する快適な道路でした。ただし森に囲まれていますので眺望は望めません。看板に偽りあり?


帰り道。館山道・君津インター近くの道の駅に寄ってみました。

blog14.6.20roadstation.jpg

blog14.6.20roadstation2.jpg

blog14.6.20roadstation3.jpg足湯もあります。


blog14.6.20hotaru.jpg本物のホタルは見ることが出来ませんでしたので、最後に 海ほたる で一休み。

nice!(5)  コメント(6)  トラックバック(0) 

nice! 5

コメント 6

皮算用

久里浜のフェリー、乗ってみたいですね。
北海道という離れ小島で暮らしていると、長距離ツーリングのプロローグは必ずフェリー。フェリーと聞いただけで、妙な旅情を感じてしまいます(笑
by 皮算用 (2014-06-22 14:51) 

FD

確かに、車やバイクを北海道から運び出すためには?フェリーが
必須でしょうね。
むかし、バイク仲間とのツーリングで久里浜から東京湾フェリーに
乗ろうとしたことがあったのですが、海が荒れており、係員にバイクの
搭載を拒否されたことがあったのです。
その時は、船長の権限に期待して、積載を頼んでみましたところ、
無事にバイクを載せてもらうことが出来たのでした。
船長も機長もその程度の権限は持っているのです。ただし・・・・・
機長の権限は、地上職のやっかみにより、十分に発揮できているとは
言えない状況ですが。

by FD (2014-06-22 19:22) 

うえいぱうわ

初めて房総スカイラインを通ったとき、てっきり展望が
良い道だと思っていたのですが、まああんな感じの
道で、拍子抜けしたのを覚えています(笑)
道自体は走りやすかったのですが、スカイラインと
つくからといって、必ずしも展望が良いわけでは無い
という貴重な経験をしたと思っています(笑)

by うえいぱうわ (2014-06-22 20:55) 

ウムキ

おおー!
ここは、自分も以前からマークしていた宿です。
キャプテンの宿泊プランは1日3組の限定プラン。
うらやましい・・・。
露天風呂は竹仕立の望海窓が左右に開くのです。
by ウムキ (2014-06-22 21:57) 

SpeedBird

アクアラインの最初の値段はいったいどうやって算出したんでしょうねぇ・・・・・
by SpeedBird (2014-06-22 22:26) 

FD

千葉は山が少ないので、どうしても谷間を走るような道路に
なってしまうのでしょう。無料だから許します (笑)


建物や設備はやや古かったものの、許容できるレベルでした。
確かに窓が開くようになっていたのですが、錠前がおりていて
開けることが出来ませんでした。
男の時間帯は開けてもいいと思ったのですが。


最初の通行料が採算が取れる適正料金で、今の料金は社会実験と言うことで
熱血知事の要望で期間が延長されていると聞きました。

by FD (2014-06-23 14:40) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。