So-net無料ブログ作成

ベテルギウス [雑学]

NHKラジオの 「子供電話相談室」 聞いていますと、大人には想像も出来ないような子供らしい疑問に目を洗われることがありますが、そこで今日の質問の一つが、「ベテルギウスはいつ爆発するのですか?」 でした。
しかし、先生の回答はいささかのピント外れだと思ってしまいましたよ。その答えはとは、
「今日爆発するかもしれないが、1万年後かもしれない」 だったのですが、
おいおい、オリオン座の左上にある、赤色巨星ベテルギウスは地球から640光年離れた所にある
と言うではありませんか。だとしたら、今日爆発したとしても、我々地球人がそれを目の当たりにするのは640年先と言う事になりますよね。更に、
ひょっとしたら既に爆発しているかもしれません。ただ、その現象が地球に届いていないだけなのかも。
もう少し丁寧に説明して欲しかった。
180px-Betelgeuse_star_(Hubble).jpg
ああああああああハッブル宇宙望遠鏡が捕らえた、赤色超巨星・ベテルギウス。

現在7回ほどしか確認されていない(ただしその痕跡だけ)と言う超新星爆発。世界の天文学者はベテルギウスの爆発を観てみたいと熱望しているそうですが、いま現在地球上に生きている我々が観ることは叶わないのではないか思われます、残念ながら。

そして、その大爆発が我々地球に何らかの影響を与える可能性はあるのか?
超新星爆発が起きますと大量のガンマ線が地球上に降り注いでオゾン層が破壊され、太陽からの紫外線が遮蔽されなくなって、我々生物に重大な影響を与えるのだとか。
実際、4億4千年前を境に海面近くに生息していた三葉虫は絶滅し、深海に生息していた種類の三葉虫だけが生き残ったのは超新星爆発と紫外線の影響ではないかと考えられているそうですよ。
ただし、ガンマ線が放出されるのはベテルギウスの自転軸から2度以内とのことで、精密な観測の結果、幸いなことに我が地球は自転軸から20度の所にあるらしいので影響は受けないだろうとのことでした。
もっとも、それまでに地球上に生命が存在していればの話ですが。

ところで、ベテルギウスの爆発の前兆を数時間前に捕らえられるのは、唯一スーパーカミオカンデだけだそうです。そしてニュートリノの急激な増加が観測された場合、世界中の天文学者に警報が発せられ、各国の天体望遠鏡がベテルギウスへと向けられて、爆発の瞬間を捕らえる体制になっているそうです。
日本の技術は凄い!しかも、世界に貢献している。スマートフォンしか作れない韓国とは大違いだ。

blogorion.jpg

640光年という至近距離?で爆発が起これば、満月の100倍の明るさで輝き、日中でも肉眼で見える状態が3ヶ月ほど続いた跡、段々と暗くなって行き、4年後には肉眼では見えなくなったしまうそうな。
640年前に爆発済みであることを祈ることにしましょう。

nice!(6)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 6

コメント 9

カイホ

子供の頃、親父が云ってました。
宗教と宇宙には、はまってはいけない。
なぜなら両方とも正解がないから。

宗教=死の世界
宇宙=無限

00光年の概念からすると、今輝いている星は既にないかも
しれませんし

まだとどかない光(新星)が山ほど誕生しているかもしれません。
う~む 今夜は眠れない・・・。
by カイホ (2013-08-30 22:17) 

FD

世界各地で深刻な宗教対立が続いてしますが、宗教によって救われた人より、
宗教対立で命を落とした人の方が多いかもしれません。

その点、八百万の神の日本はいいですね。
どんな神でも受け入れますので、対立など起こり得ません。

宇宙のことを考えますと、神なんか小さい小さい!


by FD (2013-08-31 08:33) 

トメ

光より早い通信手段、移動手段が開発されないものか?
「ワープ!」
行ってみて確かめることが一番です。
by トメ (2013-09-02 09:51) 

FD

宇宙はゆがんでいて、近道があるかもしれないとの話もあるようですが、
ひょっとしたらブラックホールかもしれないとも言います。怖~

光速の95%ぐらいのスピードが出る宇宙船が開発されたとしても、
いきなりそこまで加速したなら、乗組員はGでつぶされてしまうでしょう。
そこで1Gでの加速を続けますと、宇宙船の中に重力が発生して無重量状態に
はならず、船内を歩き回ることが出来ます。そして、
約1年かけて光速近くまで加速したら、今度は宇宙船を反対に向けて、
1Gの減速を続けてますと、安全に準光速の旅が出来るとのことです。
宇宙船内ではもっと短い時間になるようですが、いずれにしろ気が遠くなる
ような旅になりそうですね。

by FD (2013-09-03 08:11) 

カイホ

1Gでの加速、人体には優しいでしょうね。

先日、「ホワイトハウス ダウン」という映画を観てきました。
予想通りのハチャメチャ劇ですが、それはそれで楽しめました。

劇中で、B4のエアフォースワンが、緊急離陸後、45秒で3万フィー
トまで上昇する という設定がありましたが、物理的に可能なので
しょうか?

可能だとしたら、機中の人には何G位の重力がかかるのでしょうか?


by カイホ (2013-09-03 21:39) 

FD

エアフォースワンは在来型のB747でしたが、45秒で3万フィートまで上昇
するのは無理な相談でしょう。
自衛隊の主力戦闘機、F15でさえも、装備を簡略化して軽量化しても
3万フィートまで上昇するのに49秒ほどを要しているそうなので。

by FD (2013-09-05 19:24) 

masa24

FDさまこの動画ですね。
by masa24 (2013-09-05 19:34) 

masa24

すみません私の名前の所にリンクが張られております。
by masa24 (2013-09-05 19:37) 

FD

このコズミック・フロント。「マヤ文明」 や 「西暦775年、宇宙の大事件」 など
興味深い話が満載です。

by FD (2013-09-07 20:38) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0