So-net無料ブログ作成

伊達公子のテニス [スポーツ]

全豪OPテニスで、クルム伊達公子が最年長勝利記録を更新したそうですが、不甲斐ない旦那(レーシング・ドライバー)への内助の功なのでしょうか?
私も一時期テニスに凝っていた時期があったのですが、如何せん遅咲きのテニスで練習量も不足気味。
そこで考えたのが、誰にもレシーブできないようなサーブを打てれば、勝てないまでも負けることはないだろうとの戦略でした。
毎日毎日、サーブの練習の励んだ結果、それなりのサーブが打てるようになったのですが、サーブは所詮水物。
私のイメージ通りの結果を得ることは出来ませんでした。

そこで、老体?にむち打って頑張り続けている伊達公子のサーブを、せんえつながら解析させて頂ければ・・・・・
Kimiko_D1_4.jpg

彼女はサーブを打つ時、体の前でラケットを振り上げていますが、非力な女性では十分なパワーをボールに与えることは出来ないでしょう。
同じようなサーブを打つ選手に、米国のクーリエが居ましたが、彼のような男子選手であれば、それでも十分なパワーを与えることができるのでしょうが、女子選手では無理な相談でしょうね。
いったい彼女のコーチは何を教えていたのだろう?!
やはり、ラケットは体の後ろから大きく振り上げて、ボールに十分なパワーを与えるようにするべきだったでしょうね。グラフのように。
もし彼女が、もっと強力なサーブを打っていたなら、準決勝でグラフを打ち破って、ウインブルドンを制覇することも可能だったろうと思っているのですが。

nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 6

うえいぱうわ

球技はからっきしなので、いつも見てる側なのですが、
テニス中継を見てて、サーブを打つときや打ち返す時に、
選手の出す声が聞こえてきますが、あれは相当の力を
込めてるから、出ちゃう声なんだって、今さらながら気が
つきました。うーむそう考えてみるとテニスて凄くハードな
スポーツなんですね。
by うえいぱうわ (2013-01-17 12:04) 

FD

ボールを打つ瞬間に大きな声を出すことによって、脱力できるのかもしれません。
私も一度やってみて、ひんしゅくを買いました。

更に、「アウト!」 と言いながら打ち返しますと、いい球が返るのですが、
これも駄目よと言われてしまいました。


by FD (2013-01-17 16:34) 

おじゃま虫

アルジェリア人質事件で政府専用機を救助に使うかもしれないというニュースを見てFD機長のことを思い出してしまいました。
救助機といえば昔トルコ航空が誰もが嫌がる危険な中を日本人救助のために飛ばしてくれた事は感動的でした。潮岬沖でトルコ海軍が座礁し住民が救助した恩を忘れないトルコ国民。
時の流れを超越した友情はいつまでも語り継いで欲しいです。で、このような撃墜される危険地帯に民間機を飛ばすというのはどうしたものかとも思いました。自衛隊輸送機はデコイという赤外線熱源を放出してミサイルを交わす技を持ってますが民間機にその設備は多分ない。もしそうなったならば無事の帰国を祈るばかり。
by おじゃま虫 (2013-01-21 21:07) 

FD

自衛隊法に阻まれて邦人の救出にも行けない自衛隊。
「安全が確保されていること」 が条件だそうですが、民間人が行っているところに
軍隊である自衛隊が行けないとは!
自衛隊による邦人救出は 「武力行使」 に当たる恐れがるとの憲法解釈らしいが、
そんな憲法。さっさと変えればいいんですよ。
憲法のために国民があるのではなくて、国民のための憲法であるべきでしょう。

都合が悪くなると泥亀のように隠れてしまう福島瑞穂。
余計な時に出て来ては反対を表明しますが、邦人の生命よりも党のイデオロギー
の方が大事らしい。

集団的自衛権の見直しに反対の意見の方が多いそうですが、「米国の戦争に
巻き込まれる」 との刷り込みの結果でしょうか?
日本を取り巻く状況を考えれば、大人しく首を引っ込めていれば平穏無事に
過ごせる時代ではありません。
米国との同盟を強化するか、中国の軍門に下ってチベット化するしかないのです。

by FD (2013-01-22 15:03) 

Jananese Airforce 01

政府専用機は自衛隊ですよね、武器は装備していないかもしれませんが!
by Jananese Airforce 01 (2013-01-22 23:12) 

FD

そう言えば、南極観測船 『しらせ』 も自衛隊でした。

by FD (2013-01-23 15:57) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0