So-net無料ブログ作成
検索選択

旅立ちに間に合わない? [ペット]

我が家の玄関先にはツバメの巣が2個あるのですが、左側の巣の方では5羽の子育てが無事に終わったばかりでした。
そして今度は右側の巣で子育てが始まり、3羽のヒナが順調に育っていると思っていたのですが・・・・・

今朝、犬の散歩に出掛けようと玄関を出てみますと、飼い犬のロッシがツバメの巣の真下に置いてある鉢の中に鼻を突っ込んで盛んに匂っています。
嫌な予感がして巣を見上げてみますと、3羽いたはずのヒナが1羽しか残っていないではありませんか!カミさんは、「巣立ったんでしょ」 などと呑気な事を言っておりましたが、ろくに羽根も生え揃ってないヒナが飛べる訳なかろうが。

慌てて辺りを探してみましたところ、鉢の中に1羽と庭先の方に1羽、ヒナが落ちてしまっていたのです。庭先のヒナは落ちた後に歩き回っていたのでしょう。
そこで、鉢の中のヒナは巣に戻してやったのですが、庭先のヒナはすでに死んでしまっていたのでした。手に取ってみますと、まだ温かかったので、もう少し早く気付いてやれば助けられたのにと思いますと、朝から暗い気分になってしまったのでした。
その後、注意して見てはいるのですが、親鳥が餌を運んでくる様子がありません。時々4、5羽のツバメが飛んできては巣の辺りを飛び回っていますので、ヒナは身を乗り出すようにして餌をねだるのですが、餌を運んで来たのではなさそうなのです。

blog12.7.30swallow.jpg
何とかしてやりたいと、インターネットで検索をしてみたのですが、ツバメがヒナに餌を運ばなくなる理由は色々あるようで、人間には関われない厳しい自然界の摂理があるのでしょう。
玄関を出入りする度に、親鳥が来たと思うのか、チッ チッ と鳴くのですが、私が虫を捕まえてやる訳にも行かず、少しずつ元気がなくなって行くヒナを見守るだけというのは、大変つらいことです。




玄葉外務大臣が訪露してプーチン大統領とも会談したようですが、北方領土問題などでも大した成果は上げられなかったようですね。
国内向けの格好づけ、次期選挙を考えてのアピール程度にしか考えていない大臣では、相手に足下を見透かされるのも当然で、ここは一つロシアがよだれを流して喜びそうな餌を与えてやらないと。
それは、

シベリアなどの極東地域共同開発。

多くの資源が眠っていると思われながらも手つかずとなっているシベリアなどの共同開発を持ちかけるのです。
この開発は日本の国益にも沿った形で行う必要がありますので、それなりの分け前を要求するのは当然のことで、そうなれば民間企業の参加も期待でき、官民一体となった働きかけを行うことが出来るでしょう。
blogsiberiagoogleearth.jpg
aあああGoogle earth より。

そしてその見返りは、当然ながら北方四島の返還です。
北方四島を不法占拠し続けているよりも、極東共同開発の方がロシアにとって遙かにメリットがあると言うことを知らしめてやるのです。そしてロシアのペースに乗せられることなく、条件を小出しにしながら、
日本のペースで粘り強く交渉を進めるのです。交渉がまとまらなくて不利益を被るのはロシアの方ですので。ただし、一部政治家の抜け駆けに注意しながら。

話を進めるためには、現在北方四島で暮らしているロシア人にも、在日朝鮮人と同じような権利を与えることも考えておく必要があるでしょう。
政府や国会議員の皆さん、これはあなた達の仕事ですよ。経費に見合うだけの仕事はして下さいな。

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 2

うえいぱうわ

実際問題として、ロシア国内が相当困ったことになるか、
もしくは領土を減らしてでも、それを上回る見返りが
ないか、でないと北方領土の返還は難しいでしょうね。
プーチン氏の気分しだいなのかもしれませんが(笑)

それにしても、自然の過酷さはかくも容赦ないもの
なのか・・・感情の入り込む余地はないんですね。
by うえいぱうわ (2012-08-01 12:53) 

FD

ロシアは周辺の国との国境問題を解決しつつあるとも聞きます。
ロシアが納得できるだけの餌を与えれば、世論も説得できるのではないでしょうか?
ロシアに世論があればの話ですが。

ツバメのヒナ。親が餌を運んでくるのをあまり見かけないのですが、ヒナが
成長しているようにも見えます。
もう少し注意しながら観察してみたいと思ってます。

by FD (2012-08-01 16:28) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0