So-net無料ブログ作成
検索選択

高速道路逆走 [交通]

高齢者による高速道路の逆走が増えているそうですね。くわばら、くわばら~
逆走車がいる可能性を考えて運転しているドライバーはいないでしょうから、空いていて見通しの利く場合は別として、眼前に現れた逆走車を、とっさの判断で回避するのは至難の業でしょう。

私が経験した逆走。高速道路ではないのですが、家の近くの中央分離帯がある片側二車線の道路で、前を走っていたタクシーが急に速度を緩めたので、「何やってんだ~、このタクシーは」 と、タクシーに怒りの矛先を向けたのですが、何と!おばさんが運転する車が逆走してきたではありませんか。怖いですね~
私もほとんど高齢者。気をつけなければ。

ただ、高齢者=危険。と短絡的に結びつけてしまうのには疑問を感じます。
近頃、新聞の投稿欄でよく見かけるのが、「高齢者は免許の更新を止め、返納すべきだ」 との意見です。でもね、高齢者でも安全に運転している人は多いし、若くても危ない奴もいる。そうそう、とんでもない女性ドライバーもいますしね。
高齢者で希望する人には、反射神経、運動能力などのテストを行って、本人に自分の能力を自覚させる事が必要になるかもしれません。ただし、十分な科学的裏付けのあるテストを行う、との条件が付きますが。

ところで私が経験した究極の逆走は、サーキットでの逆走です。今から40年ほど前、場所は富士スピードウェイ。しかも二輪のスポーツ走行(練習走行) 中に自家用車がコースを逆走してきたのです。
当時の富士のコース、ヘアピン以降は大きく違っていましたが、ヘアピンまでは今のコースと形態が似ていました。
当時から最も難しいコーナーと言われていた100Rへと向かっていますと、コーナー・ポストで激しく黄旗が振られています。事故でもあったかと思い、スピードを緩めましたところ、何と!四輪車がコーナーの陰から現れたではありませんか。スピードを緩めていなければ、正面衝突するところでした。「このアホがっ!」 と車の中をのぞき込んでみますと、家族連れのサンデー・ドライバーでした。
後で分かった事ですが、ヘアピンの外側にあるサービス・ロードから入り込んだらしく、有料道路かなんかと勘違いしていたようでした。サーキットの入り口で入場料を取られますからね。

コースを一周して元のところまで戻ってきますと、マーシャル・カーに先導されて、コース外へ誘導されているところでした。と言う事は、赤旗中断にはならなかったのですね。今なら、即 赤旗でしょうが。
コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 2

アドマンSFC

私も逆走車に出くわした事多数です。高速道路でインターで降りる為、減速してループを廻っているとおばさん運転の乗用車が突っ込んできました。突然の出来事で成すすべも無かったのですが減速中だったのでやり過ごせました。
我が家の周辺は一方通行多数でよく「ご婦人運転」の車が突っ込んできます。反省の色なく手信号で私に向かって「下がれ!」です。我が地元は自己中なご婦人が多くて困りものです。
by アドマンSFC (2009-02-24 15:15) 

kingair350

おはようございます。バイクのレースでも怪我をしないようにご注意ください。あと。。サーキット場って一般者が入ってきてしまうとか・・・セキュリティとかしっかりしているのでしょうかね・・・危ないですね。レーサーがサーキット場で安心してレースが出来るように環境整備をして欲しいところですね。

あと話題は全く異なるのですが・・・
FDさんの日記で飛行機の興味深い記事も楽しみなのですが、FDさんは国際線でフランクフルトやパリにもフライトされるので現地でのお勧めのレストランやグルメのこともできれば見たいです。自分はエスプレッソやコーヒーが大好きでかなり凝っています(汗) デロンギのBAR-14を持っていてイリーのコーヒー粉を使って自宅でアイスカフェオレやカプチーノを作っておいしく飲んでいます。私事勝手に書き込んでしまいましたがお許しください。
コーヒーはFDさんはお嫌いですか??
by kingair350 (2009-02-25 11:28) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。