So-net無料ブログ作成
検索選択

椿三十郎 [映画]

黒澤監督の名作、(シリーズ1本目の用心棒と比べますと、やや見劣りしますが)椿三十郎のリメイク版を観ました。
観ての率直な印象。役者達が黒澤版を意識しすぎて、オーバーな演技になっている。特に、田中邦衛が演じた若侍の二代目は、目玉をむいて口を尖らすだけの演技で、白けるばかり。他の出演者も、以下同文。あるいは、オリジナル版とは違う演技をと意識するあまり、役柄のおもしろさを消してしまっている。

脚本もしかり。オリジナル版とはちょっと違えているが、変えた理由が見あたらない。いっそのこと台詞も立ち振る舞いもそっくり真似たら良かったのに。それはプライドが許さないというのであれば、最初からリメイク版など造らなければ良かった。

それに、九人の若侍。オリジナル版ではそれなりに歳の違い、個性の違いがあったのに、リメイク版では個性ゼロ。何か訳の分からない若造がウロウロしているだけ。チョンマゲ姿も板に付いていない。

室戸半兵衛役の二代目は悪くはないが、仲代達矢の殺気は感じられないね。では、椿三十郎役の二代目は?・・・・・やめておきましょう。
二代目を演じる度胸と言いますか、自信、厚かましさだけは認めますがね。
リプリー(太陽がいっぱい)のマット・デイモンもいい度胸だ!

もう一つ、初代 城代のカミさんを演じた入江たか子には、城代の奥方らしい気品と落ち着きが感じられたのに、二代目には気品のかけらも感じられなかったのは、さもありなん。私用の旅行かなんかで飛行機に乗って来た時、トイレの中で喫煙し、CAに注意されても知らぬ存ぜぬで通した母娘でしたからね。

二つの映画を見比べて感じる事は、黒澤作品は、カメラアングル、人物の配置と動きなどの全てが計算し尽くされて撮影されているという事。リメイク版にはそれが感じられませんね。黒澤監督と森田某の力量の違いと言ってしまえばそれまでですが。
ただね、この映画、映画監督を目指す人のバイブルになり得ると思いますよ。反面教師、良い作品と駄作の違いが如実に表れていますからね。

ところで、◯◯製作委員会というのはやめて欲しいね。以前は確かにこの名前で面白い作品が造られていましたが、近頃はさっぱりですからね。

口なおしに、オリジナル版を観る事にしますか。
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。